トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

成分・栄養

青汁さえ飲んでいれば野菜不足を解消できるのか!?

更新日:

野菜不足を解消

日頃の野菜不足を解消するために、青汁を飲み始めよう!と考えている人、あるいは、もう既に青汁生活を始めているという人も、ふと思うのが、「本当に青汁を飲んでいれば、それだけで野菜不足って解消できるの?」という疑問ではないでしょうか。

極端な話、青汁さえ飲んでいれば、もう野菜は食べなくてもいい…ということになるんでしょうか?さらに極端な話、栄養バランスのいい青汁だったら、それさえ飲んでいれば、もう食事をしなくてもいい…なんてこともあるんでしょうか?

こちらでは、青汁で野菜不足を補う…という考え方に対するあれこれを、お届けしていきたいと思います。

 

青汁に含まれている栄養素って?

青汁に含まれている栄養素

そもそも、青汁にはどのような成分が含まれているのでしょうか?代表的な主原料を例にとり、細かく解説していくことにしましょう。

青汁に含まれる主な成分

一般的な青汁の多くに含まれているのが「ケール」「明日葉」「大麦若葉」などの青野菜です。この代表的な3種の野菜はどれも、昔から人間の健康を支えて来た、貴重な食材ばかりです。

いずれも、ビタミン、βカロテン、食物繊維、鉄、カルシウム、マグネシウム、などなど、人間の体を作るのに欠かせない重要な栄養素が、豊富に含まれていることで有名です。

特に「ケール」は、独特の青臭さや苦さこそ問題視されていますが、その栄養価の高さから、「野菜の王様」と呼ばれているほどの素晴らしい野菜です。

青汁だけでは不足している

しかし、結論から言うと、青汁さえ飲んでいれば、日頃の野菜不足を完璧に解消できるのか…つまり、もう野菜を食べなくてもいいのか…というと、決してそういうわけではありません。

青汁に含まれているのは、基本的に「緑黄色野菜」に含まれる成分なんです。…ということは、その他の色の野菜や、淡色の野菜の栄養素は、基本的に青汁を飲んだだけでは補えない!ということになるんです。

成人が1日に必要な野菜は350g

ちなみに、厚生労働省では、成人が一日に摂取するべき野菜の目安量を350gと定めているのですが、この350gの内訳は、緑黄色野菜120g+淡色野菜230g=350gと、意外にも、淡色野菜の比率が多かったりするんですよ!

つまり、人参、トマト、大根、カブ、玉ねぎ…などの栄養素もしっかり摂取しないと、結果的には野菜不足の状態が続いてしまう…ということになるんです!

「青汁=野菜」ではない

青汁さえ飲んでいれば、野菜の栄養素に関しては完璧に摂れている!と思ってしまう人も多いので、ここは陥りがちな落とし穴といえそうですよね?

「青汁=野菜」ではないんです。それに、たとえば、加工をする過程で、失われてしまう成分だってありますので、全ての栄養素を余すところなく摂取できている…とは言えないんですね。

また、「鮮度」だって大切な要素ですし、「食感」や素材そのものの「味」「香り」…などを、五感全てを使って「感じる」「楽しむ」ということも、食事をし、栄養を摂るという中では、非常に大切なことです。

 

野菜以外の栄養素の不足にもご注意を!

また、青汁さえ飲んでいれば、食事をしなくてもいいのか…という問題についてですが、これは、とても危なっかしい話です!

青汁の中には、野菜の成分だけでなく、人体を構成するのに必要な、ありとあらゆる要素が詰め込まれているタイプの商品もありますよね?

こういったものを手にしてしまうと、まるで、これさえ飲んでいれば、食事をしなくてもいいのでは…?という気分になってしまうんですよね…。

特に、急激なダイエットに挑戦しようとしている人なんかは、全ての食事を青汁に置き換えようとしてしまったりするのではないでしょうか…。

青汁はあくまでサポート飲料

ただ、このような行為は、身体に支障をきたす恐れがありますので、控えましょう。

青汁はあくまでも栄養を「補助」するための商品であり、食事に取って代わるもの…というわけではありません。食事を青汁に置き換えるなら、夕飯の1回、あるいは、朝食の1回、程度に留めておいてくださいね!

人体は、青汁に含まれているような青野菜の成分だけでなく、様々な食品に含まれている栄養を、常にバランス良く必要としています。

何事もバランスが大切

ダイエットの天敵!として、若い女性などから敬遠されがちな「炭水化物」だって、身体の中では、日頃、とても重要な働きをしています。

たとえば「脳」「神経組織」「赤血球」「腎尿細管」といった器官は、炭水化物が消化され、そこで生成されたブトウ糖しか、エネルギーにすることができないと言われているんですよ!

糖質を制限してしまうと、頭が働くなる…なんて話を聞いたことはありませんか?過度なダイエットや筋力アップを図ったことにより、芸人さんが、ひな壇で面白いことを一つも言えないまま終わってしまった…なんてエピソードもあるくらいです。

要は、何事もバランスが大事であり、極端な行動、やり過ぎはよくないということですね。青汁はあくまでも、ごく普通の食事をした上で、なんとなく野菜が足りていないかな…?という状態を補うものであると考えるようにしてください!

 

まとめ

「青汁=野菜の全て」というわけではありません。青汁の成分に含まれているのは、あくまでも野菜の中の一部の成分ですので、青汁さえ飲んでいれば、完璧に野菜不足を解消できる!と思い込んでいた人は、気をつけてくださいね。

何事もバランスが大切。いくら身体にいいものでも、やり過ぎは危険ですよ!健康的な身体を支えるのは、健康的な食生活から…ということを、まずは肝に銘じておきましょう。

 

-成分・栄養
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.