トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

成分・栄養

「明日葉」の成分が含まれている青汁が気になる!という方へ

更新日:

「明日葉」の成分が含まれている青汁

青汁ってよく目にしますし、耳にしますが、具体的にどんな野菜の成分が入っているかってご存知ですか?

よく青汁に使用される代表的な野菜といえば「ケール」や「大麦若葉」です。ケールと言えば「野菜の王様」と称されるほどの栄養価の高さで有名な、キャベツに似ている青野菜です。

そして、大麦若葉と言えば、スッキリとした抹茶のような風味が特徴的で、独特の青臭さがあるケールの欠点を補う形で、今人気となっている青汁の成分です。

そんな「ケール」「大麦若葉」とともに、3大青野菜として青汁に使用されることの多い代表的な野菜と言えば「明日葉」です。

明日葉とは、一体どのような野菜で、どのような栄養素を含んでいるんでしょうか?特徴や効能などについて、こちらで詳しくお伝えしていきます。

 

明日葉ってどんな野菜?

明日葉は、日本だと八丈島や、三浦半島、房総半島など、太平洋沿岸の、温暖な地域に生息している植物です。

明日葉

深い切れ込みが入っている、羽のような形状の葉っぱが特徴的で、50cm〜120cmほどの背丈にまで成長します。また、茎の中には、淡い黄色のネバっとした液体が含まれているというのも特徴の1つです。

明日葉は生命力の強さを誇る植物で、名前の由来も「葉っぱを摘んでしまっても、明日にはもう若葉が出ている」ところから来ていると言われています。それだけ生命力に溢れた明日葉ですから、そのエキスを飲めば、元気になれそう!ということは、なんとなく直感でもわかりますよね!もちろん、それはただの直感ではなく、実際に、明日葉が生息している地域の人々は、古くから明日葉を「不老長寿の妙薬」として重宝してきたんだそうですよ!

 

明日葉に含まれている成分は?

カルコン

あまり聞きなれない名前の「カルコン」ですが、これこそが明日葉特有の、最大の魅力であるとも言える成分です。

ポリフェノールの1種で、アンチエイジングや、むくみ防止、セルライトの解消などなど、女性にとって嬉しい美容成分が豊富に含まれているんですよ!

また、動脈硬化や、糖尿病、高血圧といった、生活習慣と関わる病にも有用な防止効果があると期待されています。

さらには、アレルギーを抑制するのにも効果があると言われているんですよ!明日葉の茎を切ると、断面からネバっと出てくる黄色い液体の正体こそが、この「カルコン」なんです。

ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、銅、リン)

人体の健康を維持するのに欠かせない、重要なミネラルの数々を豊富に含んでいます。貧血の予防や改善、心疾患の予防、疲労回復、二日酔い防止、骨の強化、骨粗しょう症の予防などなど、様々な効能が期待されています。

βカロチン

免疫力をアップさせたり、美肌にしてくれるほか、ガンの予防にも効果があると言われている成分です。体内でビタミンAに変換される物質なのですが、明日葉におけるこちらの含有量はなんと、トマトの10倍ほどもあると言われています。

食物繊維

食物繊維は、便秘解消や、肥満予防、コレスレロール値の抑制などに効果のある、重要な成分です。明日葉の食物繊維含有量は、レタスの5倍ほどもあると言われています。

クマリン

カルコン同様、あまり聞きなれない名前ですが、こちらもカルコンと同じく、ポリフェノールの1種で、抗菌作用や抗酸化作用があるほか、血流を改善してくれたり、アルツハイマーの予防にも効果があったりするなどと言われている、注目の成分です。

ルテオリン

こちらも、普段あまり耳にしない名前の成分ですよね?ルテオリンには、利尿作用があり、むくみを改善する効果があったり、ガンの予防にも効果が期待できる栄養素です。

 

まとめ

以上、こちらでは、青汁に使用されることの多い、代表的な成分「明日葉」について、その特徴や効能、含まれている成分等についてお伝えしました。

生命力の強い明日葉パワーを取り入れ、健康的に美しく、長寿を目指しましょう!美肌を目指したい人や、毎朝のお通じをスッキリさせたいという人も是非、明日葉が使用されている青汁を試してみてくださいね!

 

-成分・栄養
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.