トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

コラム

「美味しい」青汁が飲みたいという人のための情報をお届け!

投稿日:

「美味しい」青汁が飲みたいという人のための情報をお届け!

健康に良いとわかっている青汁でも、なかなか手を出せずにいる、という人は…、青汁の「味」が気になっているのではないでしょうか?

青汁といえば、その昔「まずい!もう一杯」というCMが流行したこともあるせいか、「まずい飲み物」というイメージがすっかり定着してしまっているんですよね。「青汁」というネーミングにも、まずいというイメージを助長している原因があるように思われますが…。

誰だって、健康のために良い食品だったら、興味を持つのは当然のこと。「美味しい」のであれば、青汁を飲みたい!と、潜在的に思っている人はとても多いことでしょう。

こちらの記事では、そんな人のために…、美味しい青汁を飲むための方法についてお伝えしていきます。

 

美味しい青汁を飲むためには?

美味しい青汁を飲むためには?

方法その1 お茶風味に近い青汁を選ぶ

青汁=野菜系のドリンクという先入観を持っている人もいるかもしれませんが、素材によっては、野菜ドリンクというよりも、お茶のような感覚で飲めるものがあります。

お茶風味に近い青汁を選ぶ

こういった青汁を選ぶようにすれば、変に甘さなどを足さなくても、抹茶や煎茶や緑茶を飲むような感覚で、美味しく飲めるはずですよ!

青汁には、ケールが主成分として使われていたりするんですが、ケールの青汁だと、こういった味わい方をするのは不可能かもしれませんね。

お茶感覚で飲める青汁といえば、大麦若葉の青汁や、桑の葉を使っている青汁などです。

最近では、これらの素材を使った青汁は、数多く販売されていますので、是非チェックしてみてくださいね!

方法その2 甘味料の入った青汁を選ぶ

甘味料の入った青汁を選ぶ

野菜の成分だけがギュッと凝縮された、純度の高い青汁は、どうしても味にクセがあります。

野菜独特の香りが好きだ!という人は問題ないのですが、多くの人は、これだと「オエッ」となってしまい、最後まで飲み干せなかったり、継続することが困難になってしまったり…。

というわけで、美味しい青汁を飲みたい、と考えている人は、あえて甘味料が入っていて、味の調整がきちんと行われている青汁を選ぶようにしましょう。

 

気になる商品があったら、その名前を入れて検索すれば、今なら大体どんな青汁であっても、そのレビューや口コミが掲載されているはずです。全てが正しく、参考になる情報ばかりであるとは限りませんが、一応の目安にはなるはずでしょう。

人工甘味料には気を付ける

甘味料といってもその種類は様々で、人工甘味料が使われている商品に手を出してしまうと、思わぬ健康被害をこうむってしまう可能性もありますので、気をつけてくださいね!

「アスパムテール」や「アセスルファムK」などは、人体に対して副作用をもたらすということが指摘されていますので、原材料名の中にこういった名前を見かけたら、一応避けておく方が無難です。

人工的なものではなく、自然由来の、はちみつや黒糖や各種フルーツといったようなものが甘味料として使われているのであれば、その商品は安全性が高いものと思われますので、積極的にチョイスして大丈夫でしょう。

難消化性デキストリンは人工甘味料じゃない

ちなみに、青汁の原材料名をチェックしていると「難消化性デキストリン」という名前をよく目にすることと思われますが、これは危険な添加物ではなく、トウモロコシなどのデンプンから抽出される成分で、中性脂肪やコレステロールの値を下げてくれる効果が期待されている物質です。念のため…、間違えないようにしてくださいね!

方法その3 自宅で青汁をアレンジする

青汁そのものは、苦かったり、青臭かったりしても、自宅で自分好みの味にアレンジすれば、手軽に美味しい特製青汁を作ることができますよ!

手っ取り早いところでは、牛乳や豆乳を使うという方法。

牛乳や豆乳を使う

こうすることで、風味がマイルドになり、そのままでは飲めなかった人でも、大丈夫になる率が上がると言われています。

 

あるいは、野菜ジュースや果物ジュースで割って飲むという方法もオススメですよ!

野菜ジュースや果物ジュースで割って飲む

こちらは、青汁とそもそもの味が近いので、違和感なくミックスされるという利点を持っています。

 

そのほかには、ヨーグルトとの相性も良いので、固形ヨーグルトに混ぜて食べてみたり、飲むヨーグルトにミックスして飲んだりしてみてください。まろやかさと酸味が加わって、こちらも一気に好みの味に変わるはずですよ!

甘さが足りないという人は、はちみつやメープルシロップを自分のさじ加減で足してみてください。もちろん、ダイエット中の人や、糖尿病を気にしている人は、入れ過ぎに注意!ですよ。

 

味を確認してから青汁を飲み始めたい人は?

青汁って、継続して飲むとなると、決して安いものではありませんよね…。

何千円もする、1ヶ月分の青汁を買ってしまってから、「こんなはずじゃなかった…!」なんて、その味に絶望する…ということは、できれば避けたいものです。

こういったトラブルを避けるためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

青汁を販売している企業は、そのほとんどがお試しキャンペーンを展開しています。

キャンペーン

本来なら、3000円〜4000円くらいする1ヶ月分のパックを、80%オフ、90%オフ…、といったような価格で、初月のみ、提供してくれるのです。

こういったサービスを利用すれば、やっぱりどうしてもこの味じゃダメ!といったような、不幸なトラブルを回避することができます。

飲めなかった分を捨ててしまうとしても、そこには料金がほとんど発生していないわけですから、安心ですよね。

 

また、メーカーによっては、8包入り程度の少量パックを販売しているところもあります。

最初から一気に大箱に手を出さずに、こういったサンプルっぽい商品から買うようにしておけば、大損をするといったようなことは避けられるでしょう。

 

まとめ

こちらの記事では、美味しい青汁を飲みたい!という人のために、お役に立ちそうな情報をまとめてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

青汁には様々な種類のものがあるので、ネットの口コミを参考にしてみたり、キャンペーンを利用するなどして、好みの味の青汁を、慎重に選ぶようにしてみてくださいね!

まずい青汁でも、自宅でアレンジすれば美味しい青汁に変身させることもできますから、思い切って味を無視し、素材の栄養価だけで選ぶ!という方法もアリでしょう。

 

-コラム
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.