トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

健康

「青汁」を飲んだら腹痛が起きてしまった…!その原因は?

投稿日:

「青汁」を飲んだら腹痛が起きてしまった…!

青汁を飲むと、腹痛を起こしてしまうことがあるというのは本当なのでしょうか?

健康のために飲んでいるはずの青汁で、かえって体調を崩してしまったり、辛い思いをすることになってしまったら、それって本末転倒ですよね?そういったことのないように、青汁で腹痛が起きる原因について、こちらの記事でしっかり把握しておいてください。

こちらでは、青汁を飲むことで腹痛が起きてしまうメカニズムや、実際に腹痛を引き起こしてしまう元となる成分などについて、詳しい情報をお伝えしていきますので、最後まで目を通していってくださいね。

 

青汁で腹痛が起きてしまう原因は?

青汁を飲んだら、お腹が痛くなってしまった…!そんなことが起きたとしたら、おそらくその原因の大半は、「下痢」でしょう。

青汁で腹痛が起きてしまう原因は?

青汁には、便秘解消を促す成分が豊富に含まれています。

そのため、便秘の人には良い効果があっても、そうでない人が青汁を飲むと、逆に排便が促され過ぎてしまい、下痢を起こしてお腹が痛くなってしまう、というような現象が起こり得ます。

 

また、成分的には問題がなくても、青汁を冷やして飲んだ場合、その冷たさが刺激となり、腹痛を起こしてしまったり、下痢を起こしてしまう原因となる場合もあります。

青汁を冷やして飲んだ場合

元々、胃腸があまり丈夫でない、という人は、青汁を飲む時の「温度」にも気をつけてみてくださいね。

 

もちろん、飲み過ぎもいけませんよ!健康に良い飲み物なのだから、と一気に何袋も開けてしまうと、身体がびっくりしてしまいますので、必ず適量は守りましょう、過ぎたるは及ばざるが如し、です。

 

また、快便を促す目的で含まれている栄養素以外にも、青汁には時として、添加物や農薬など、人体に害を及ぼす物質が含まれていたりします。こういった青汁をうっかり選んでしまうと、それが元で腹痛が引き起こされてしまうということもあります。

添加物の中で特に気をつけたいのが、「アスパムテール」「アセスルファムK」「スクラロース」などの人工甘味料類です。

これらの成分を摂取してしまうと、副作用として、めまいやむくみなどが起きてしまう場合もありますし、ひどい場合は、糖尿病などの原因となってしまうこともありますので、気をつけるようにしてください。

 

腹痛を引き起こす元となっている成分は?

食物繊維

青汁には、豊富に食物繊維が含まれています。この食物繊維、人体にとっては基本的にとても良いもので、快便を促し、腸内環境を整える上では、なくてはならないものです。

腸内環境を整える

便秘がちな人も、この食物繊維を切り札的に摂取すれば、症状は改善されやすいと言われています。

 

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。野菜などに含まれているのは「不溶性」の方の食物繊維で、「水溶性」の食物繊維は、主に海藻類などに含まれています。

この2つはそれぞれ、便秘に対するアプローチの仕方が、似ているようで、違っています。

自分の腸内環境に合わない方の食物繊維を摂取してしまうと、下痢や腹痛の原因となってしまう可能性もありますので、気をつけましょうね。

青汁に多く含まれているのは、ほとんど不溶性食物繊維の方で、これは単純に便の量を増やす効果が期待できます。便の量を増やすことで、腸の動きが活発になるよう促すというわけです。

これに対し、水溶性食物繊維は、水分を吸収することで自らの身体を膨らませます。そして、ここに老廃物などを吸着させて体外へ排出させるという働きをしてくれるのです。

難消化性デキストリン

まるで有害な添加物かのような名前をしているこちらの成分、青汁の原材料名をチェックしていると、わりと頻繁に目にすることと思います。

この難消化性デキストリンですが、これも実は、上の項目で挙げた「食物繊維」の一種なんです。

とうもろこしやじゃがいもなど

とうもろこしやじゃがいもなどの自然食品から抽出される成分なので、身体に有害なものではないんですよ!

血糖値や中性脂肪、コレステロールなどの値を下げる効果があり、トクホにも指定されている成分なのですが、そのほかの食物繊維と同じく、摂取し過ぎると、やはり下痢や腹痛の原因となってしまう可能性があるのです。

乳酸菌&オリゴ糖

乳酸菌

こちらも、便秘を解消する上では強力な味方となってくれる成分です。

腸内環境は善玉菌と悪玉菌のちょうどよいバランスによって、ベストに保たれるのですが、便秘がちな人は、善玉菌である乳酸菌が不足しがちなので、これを積極的に補ってやると、腸の働きが活性化し、デトックスがうまくいくようになるというわけです。

オリゴ糖は、そんな乳酸菌の餌となる物質で、一緒に摂取してやると、死滅してしまいやすい乳酸菌の寿命を延ばすことができます。

ただ、どちらも自分の身体に必要な量を超えて摂取してしまうと、腹痛や下痢の原因となってしまいます。

 

腹痛が起きてしまった時は?

腹痛や下痢が起きている直接の原因は、青汁ではないのかもしれませんが、もし、飲み始めてすぐにこのような症状が起きてしまったというなら、しばらく青汁を飲むのは控え、様子を見るようにしましょう。

特に、便秘がちでない人が、青汁を飲むと、それまで良い具合に保たれていた腸内の環境バランスが、逆に崩れてしまう可能性もあります。

青汁には、様々なタイプのものがありますので、腹痛や下痢を起こさないような、自分に合った青汁を、根気よく探すことをオススメします。

 

何ヶ月分もの量を、定価価格で一気に買ってしまうと、すべてを消化しきれず、もったいないことになってしまう場合もあります。

体調に不安がある人は、少量のお試しサンプルセットから始めてみたり、各社の初月割引キャンペーンなどを利用したりして、お得に青汁をゲットしてみてください。

 

まとめ

青汁を飲むと腹痛が起きてしまう原因や、実際に腹痛を引き起こしてしまう可能性のある物質等に関する情報をお届けさせてもらいました。

健康のために飲み始めた青汁で、苦痛を味わってしまうことのないよう、腹痛が起きてしまった場合には、原因確認のため、再度、この記事をチェックしてみてくださいね!

また、たかが腹痛、たかが下痢…とあなどっていてはいけませんので、症状がひどい場合は、必ず早めに病院へ行き、専門家に診てもらうことをお忘れなく!

 

-健康
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.