トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

効果・効能・口コミ

キューサイ『ケール青汁』(冷凍タイプ)の特徴や魅力を徹底分析!

投稿日:

キューサイ『ケール青汁』(冷凍タイプ)の特徴や魅力を徹底分析!

キューサイと言えば、青汁をはじめ、美容に良い化粧品関連などの商品を開発、販売しているメーカーですが、ご存知だったでしょうか?

特に青汁は、キューサイの中でも主力商品で、はちみつの青汁や、ケールの青汁、スティックタイプや、冷凍タイプの青汁、などなど、様々なタイプの青汁が開発されています。

そんな中でも、こちらの記事でご紹介するのは、『ケール青汁』の「冷凍タイプ」です。青汁でケールと言えば、かなり王道な素材ですが、ケールとは一体、どのような野菜なのでしょうか?

この商品には、ケール以外にも、他の野菜や果物が使われているのでしょうか?また、粉末タイプが主流になっている中、あえて冷凍タイプを開発しているのには、どういったワケがあるのでしょう…。

こちらの記事で細かく解説していきます!

 

人気ナンバー1のロングセラー商品

人気ナンバー1のロングセラー商品

キューサイの『ケール青汁(冷凍タイプ)』は、非常に人気のあるロングセラー商品で、2015年度の調査によると、冷凍青汁の中で売上ナンバー1を記録しているようですね!ここまで人気があるということは、それだけ栄養や味に魅力があるということが容易に想像でできます。

冷凍タイプの青汁って、スティック粉末タイプのそれと比べると、取り扱いにデリケートな神経が必要そう…、というイメージがあるので、敬遠してしまう人も多そうなのですが…。それでも、ロングセラーを誇っているって、これは、とてもすごいことですよね!

 

どんな商品なの?特徴は?

どんな商品なの?特徴は?

『ケール青汁(冷凍タイプ)』は「国産のケール100%」にこだわっているという、大変に貴重な青汁です。

しかも、その素材であるケールは、キューサイが自社グループファームと、契約農家で、大切に育てあげたもの。種を育てる段階から、農薬や化学肥料を使わず、有機栽培にこだわって育んできたケールのみが使われているということなので、誰がどう考えても安心、安全ですよね!

青汁の中には、同じケールが使われていたとしても、どこの国のどんな農場で育てられたのか、よくわからない商品があったりします。

それに、国産無農薬!なんて謳われていても、実は種をまく前の段階で、土に農薬がまかれていたり…なんてカラクリが潜んでいたりするので、意外と信用ならなかったり…。

その点、キューサイの『ケール青汁(冷凍タイプ)』なら、素材に関しては、100%安心ですし、しかもそのケールを、新鮮なうちに絞って、マイナス40℃で急速冷凍しているので、フレッシュさでも抜きん出てきます。

 

独自の冷凍製法について

独自の冷凍製法について

多くの青汁が、加熱製法を使い、ケールなどの野菜を粉末状にして青汁として販売している中、なぜ、キューサイでは、冷凍タイプの青汁を開発しているのでしょうか?

冷凍タイプの青汁のメリットは、とにかくフレッシュさが自慢です。まずは、しぼりたての段階で、外気に触れないように密閉し、低酸素状態にして鮮度を保っているのです。

これをマイナス40℃の世界で急速冷凍するという、独自の「低酸素 新鮮クリア製法」を用いているため、自宅で飲む時には、しぼりたてのケールの美味しさを体感できるというわけです。

ケールというと、青臭さや、苦味、渋味、などに特徴があり、「まずい」というイメージが先行していたりもしますが、この製法を使うことによって、ケールのイヤな特徴を抑えることに成功しているのだそうです。

ケール100%の青汁を飲むなら、冷凍タイプに限る!と言えそうですね。

 

味に関する世間の評判は?

味に関する世間の評判は?

さて、キューサイの『ケール青汁(冷凍タイプ)』について、その魅力や特徴などを解説してきましたが、実際に世間の人々は、どのような評価を下しているのでしょうか?こちらでネットの評判をまとめてみました。

『ケール青汁(冷凍タイプ)』の味についてですが、「濃厚で美味しい!」という声が多いです。

野菜の味がそのまま詰め込まれているような純度の高い青汁は、青臭さや、苦味、渋味、で敬遠されてしまいがちなのですが、この商品に関しては、本物の野菜を食べているみたいで、嬉しい!と感じる人がほとんどのようです。やはり、独自の「新鮮クリア製法」が功を奏しているのでしょう。

 

また、冷凍タイプであるということについても、あえて半解凍の状態のまま食べることで「シャリシャリして美味しい!」という声があがっているのを見かけました。

溶けかけの状態で開けてしまう=失敗、ではなく、溶けかけの食感を楽しめるように、わざと早めに開封するという手もあるんですね。

気分を変えて、牛乳や豆乳を混ぜて飲んでも、とても美味しい!とのことです。特に甘みを足さなくても、ケールの香りが引き立つことで、ほのかな甘さを感じられる、と書かれているレビューもありました。

 

粉末タイプのケール青汁では、あまり効果を実感できなかったのに、冷凍タイプの青汁に変えた途端、肌荒れが治ったり、口内炎が治ったり、直接効いているのを感じた!という声もありましたよ!

ここまですぐにダイレクトな効果を実感できるという人は、さすがに珍しいのかもしれませんが…。それでも、本当に純度の高いケールを冷凍して、商品化しているという背景があると、ケールに含まれている栄養素を余すところなく取り込めそうな気がしますよね!

 

実際に飲んでみた感想

実際に飲んでみました。

キューサイを実際に飲んでみた感想

不味くて有名なケール100%の青汁なのでかなり身構えて飲んだのですが、意外と美味しいです。

粉末の青汁と違い粉っぽさをまったく感じません。すごくフレッシュな感じで、新鮮さが他の青汁と全然違います。

青臭さはあるのですが、かなり冷えた状態で飲むと、あまり野菜っぽさを感じずにスッキリと飲み干せます。

しかし…。

不味い

トモはあまり苦もなく飲めたのですが、シホの口にはあまり合わなかったようです。

かなり本格的な青汁なので、身体に良さそうなものが好きな人に向いているな、と思いました。

 

冷凍青汁ってどうやって飲むの?

スティックタイプの青汁は、コップに水を注ぎ、そこに粉末を溶かして飲むんだろうな、と簡単に推測ができますよね?

ただ、冷凍青汁と言われると、どうやって飲んだらいいものか、よくわからないという人も多いことでしょう。冷凍青汁を飲むのって、面倒くさいのでしょうか?

結論から言うと、スティックタイプと比べ、決してそこまで面倒くさくはありません。ただ、ちょっと焦れったいかもしれませんね…。

冷凍青汁を飲む時は、小分けになっている1袋を、袋の状態のまま、水か、もしくはぬるま湯につけて解凍します。

水か、もしくはぬるま湯につけて解凍

 

この青汁の場合は、水で解凍しても、5~10分くらいで飲める状態になります。

この青汁の場合は水で解凍しても、5~10分くらいで飲める状態になります。

 

そして、飲める状態まで中身が溶けたら、封を切って、あとはグラスに移して注ぐだけ。

封を切って

飲める状態まで中身が溶けたら、あとはグラスに移して注ぐだけ

この、溶けるまで「待つ」間が、ちょっと焦れったい時間、というわけです。

 

スティックタイプの青汁や、寒天タイプ、タブレットタイプなんかの青汁なら、袋から出せばすぐに飲んだり食べたりできるんですけどね。

しかも、飲み頃を見極めないといけないので、始めのうちは、まだ凍っているのにうっかり封を切ってしまったり、飲み頃を過ぎて、すっかりぬるくなってしまったり…なんてことがあるかもしれません。

ただ、これは「慣れ」ですから、何回か飲んでいるうちに、飲み頃がわかってきて、ベストな状態で楽に飲めるようにはなることでしょう。

 

ちなみに、焦れったいからといって、焦って電子レンジで解凍したり、熱湯で解凍したりはしないでください!とのことです。

中身が破裂するかもしれないので、気をつけましょう。また、一度解凍してしまったものは、それまでのように保存が効かなくなるので、その日のうちに飲むようにしましょう。

冷凍商品といっても、いつまでも保存可能というわけではなく、自宅に届けられてから、およそ3ヶ月ほどで賞味期限は切れてしまうとのこと。

冷凍してあるんだから雑菌も増えないだろうし、大丈夫でしょう…なんて油断したりせず、早めに飲んでいくようにしましょうね。

 

ケールってどんな野菜?

ケールってどんな野菜?

栄養価が高く野菜の王様と呼ばれている

ケールとは、キャベツによく似ているアブラナ科の、葉っぱ状をしている野菜です。その栄養価は、野菜界でもダントツ!と言われており、「野菜の王様」といえば「ケール」と言われているほどなんですよ!

ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいるため、とりあえずケールさえ食べていれば、日常の野菜不足、栄養不足は解消できると思っていてよいほど。中でも、注目すべき栄養素は、「ルテイン」です。

注目の成分「ルテイン」

ルテインは、目と関係のある栄養素なんですよ!日光や、パソコンの光など、日常生活において、眼球に強烈な刺激を与えてくる光から、ルテインは守ってくれると言われているんです。

ルテインに関しては「天然のサングラス」なんて表現も生まれているほどなんですよ!

歳と取ってくると、白内障や緑内障などの目の病気が心配になってきますが、ルテインには、これらを予防する効果があるとされているので、積極的に摂取しておきたいところですよね。

 

若者でも、ルテインの効能にはあやかっておくべきです。

今は小学生でもみんな、スマホやパソコンに夢中だったりしますからね。有害なブルーライトから目を守るためには、ルテインの成分を日常的に摂取しておくことが好ましいです。

さらには、快眠を促してくれるような効果もあるので、是非、小さい子にもケールの青汁を飲ませてあげたいところですよね!

 

気になる商品の価格は?

気になる商品の価格は?

キューサイの『ケール青汁(冷凍タイプ)』、その気になる価格についてですが、通常価格は、1ヶ月あたり、およそ5600円程度です。青汁の相場からすると、やや高めな方の設定かもしれませんね。

ただ、独自の製法を用いているということや、安心安全の、国産ケールを100%使用していることなんかを考えると、変に安い青汁に走るよりも、よほど価値があると捉えてみてよいでしょう!

少し高めの青汁に投資をすることで、本当に身体に良いものを取り入れることができている!という実感を持つこともできるはずですよ。まずは一度、試してみて欲しいところです。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、キューサイの『ケール青汁(冷凍タイプ)』について、その魅力や特徴、飲み方の解説や、世間の評判などを、まとめてお伝えしました。

キューサイの『ケール青汁(冷凍タイプ)』

ケールの青汁は、王道中の王道ですが、他の野菜や果物とミックスされていることも多いので、国産のケールが100%使用されているって、かなり貴重ですよ!

独自の新鮮クリア製法が用いられているので、ケールのイヤな部分が抑えられているというのも魅力ですよね。

冷凍タイプならではの、フレッシュな美味しさを体感しつつ、是非、ケールの素晴らしい栄養素をアナタの身体にも、取り入れてみてください!

 

-効果・効能・口コミ
-, ,

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.