トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

トモとシホの詳細プロフィール

「トモ」と「シホ」の夫婦で青汁

「トモ」と「シホ」の夫婦で青汁

こんにちは!

「トモとシホの夫婦で青汁生活」を運営しているトモとシホです。二人で協力してこのサイトを作っています。

 

トモは野菜が嫌いです!

トモは野菜が嫌い

キャベツや白菜などクセの弱い野菜であれば食べるのですが、それ以外のピーマンやネギといったクセの強い野菜は基本食べません。それでも青汁を始めました。

最初は嫌々だったのですが、いまの青汁って飲みやすいのばかりなんですね。全然知らなかったです。

そもそも野菜が嫌いなので、青汁に対して良いイメージがなく、興味を持とうという精神がまったくありませんでした。

しかし年齢も30半ばに差し掛かり、体の調子がいいとは言えないようになってきました。スポーツをしていても同年代の友人と比べた場合、いつも走り負けてしまいます。それに男なのに結構便秘になりやすい体質です。

そんなこともあり「楽して野菜を摂れたらいいのにな」と考えていたところ、色々調べて実際に飲んでみたらイメージが良くなったのが青汁です。

 

反対にシホは野菜が大好きです。

シホは野菜が大好き

野菜以外にも基本的に好き嫌いなくよく食べます。トモが飲むと「おえぇー」となる食べ物も美味しいそうに食べることは当たり前にあります。

ただトモが野菜をあまり食べないので、同じ食卓を囲んでいると野菜不足に陥ります。

それと最近は肉やお菓子を食べ過ぎて、体重が増えてしまったので、これをきっかけに青汁を始めました。

 

キチンとした栄養バランスを摂ろうと、二人で切磋琢磨しています。

これが二人が青汁を始めたきっかけでした。

 

20種類以上の青汁を飲んでみた!

凝り性な私達は、この青汁生活を始めてからというもの、新しい青汁を見かけるたびに購入して、色々な種類を飲んでみるようになりました。何事も経験してみないと分からないですからね。

そのためこのサイトに掲載している青汁は、すべて実際に購入して飲んだ青汁を掲載しています。少しでも人気のある商品はすべて購入してみました。

そしてありのままの感想を書いています。

まずいものは「まずい!」と言っていますし、

まずい!

 

旨いものは「旨い!」と正直に言っています。

旨い!

しかし青汁の難しいところは味だけで判断できないところでもあります。例えば安くて飲みやすい青汁は、半分以上糖類で作られている場合が多くあり、健康志向で始めるのであれば、それはあまりおすすめしません。

しかも味覚なんて人によって全然違います。トモが「まずい」と感じたものを、シホは「美味しい」ということは日常的にあるので、その辺りはご理解の上見てもらえれば幸いです。

そこを分かった上で見てもらえれば、参考になる記事ばかりだと思います。

 

飲んでみて初めて分かった!青汁って実は美味しい!

飲んでみて初めて分かった!青汁って実は美味しい!

沢山の青汁を飲んでみてわかったことは「今の青汁は基本的に美味しい」ということです。

売れ筋で人気が高い青汁で「これは不味いな!」と感じるものがほとんどなかったんですよ!

気持ち的にはちょっと高級なお茶を飲んでいる感覚に近いです。

 

そこで改めて感じたことはテレビの影響力の凄さです。自分の中で青汁というものは「芸人さんが罰ゲームに飲むもの」とか「昔のCMで見た不味そうな飲み物」という印象しかありませんでした。

たぶん自分の中で「青汁=不味い」という刷り込みが、無意識に出来上がっていたんだと思います。

 

他の人の反応を見てもそう感じます。例えば、家に遊びに来た友達に青汁を薦めると、大体の反応が「ええ!青汁!!嫌だ!」というような反応を示します。

そのような拒否反応を示しながらも、実際に飲んでみると「あれ?全然飲める。美味しい!」となるので、世間的に青汁は美味しくないものとイメージが定着しているのだなと感じました。自分もそうだったわけですしね。

 

それってちょっと「もったいない」と感じたので、ここを見ている方には一度その固定概念を捨ててもらえたらなと思いました。

 

青汁選びは悩むものである!

実際に買うとなると「青汁をどれにしようか迷ってしまう!」

青汁選びは悩むものである!

青汁を選ぼうとしたとき誰もが最初に思うことでしょう。私達もそうでした。

近年、青汁ブームの影響もあり、様々なニーズに対応しようと各メーカーから沢山の青汁が販売されています。

それにより各社様々な特徴の青汁があり、初めて飲んでみようとチャレンジする方が戸惑うのは当然だと思います。

そんな時におすすめなのが「売れ筋の商品を選ぶ」という選択方法です。

売れている商品というのは、みんなから支持されている理由が必ずあります。

他の人が悩んで悩んで出した結論を参考にするわけですから、外しようがありません。

ただ、人にはそれぞれ好みというのがありますから、各青汁の特徴はキチンと把握した上で、自分好みのものを売れ筋から選ぶのがベストだと思います。

 

青汁選びで気を付けたい4大要素

青汁を選ぶときに気を付けたい所が4つあります。

1、美味しさ、味、飲みやすさ

これすごく重要です。基本的に青汁は毎日続けることで不足しがちな栄養素を補うものです。毎日飲むのにはやはり美味しくないと続けるのは難しいでしょう。

昔は「まずい!もう一杯!」というフレーズが青汁の知名度を一気に上げましたが、いまは時代も変わり、美味しくて栄養満点な青汁が沢山出ています。

2、原材料や成分

青汁に含まれる栄養・成分は各社様々です。酵素が含まれていれば、新陳代謝を向上させ脂肪が燃えやすい体を作るのに適しています。乳酸菌が含まれていれば腸内環境を整える働きがあるため、便秘の解消に繋がりやすいでしょう。

あなたがどのような栄養素を摂りたいかで、青汁を選びましょう。

3、添加物や保存料が入っているか?

健康志向のために青汁を始めるのであれば、添加物や保存料が入っていないものをおすすめします。

目安として、3~4,000円代の青汁には、天然由来の成分で作られている商品がほとんどですが、2,000円以下の価格が安い商品は、よく確認はしておきたい部分です。

4、価格

青汁の価格は結構ピンキリです。売れ筋で多い価格帯が30包入り3~4,000円前後で、高いものだと6,000円ぐらいの商品もあります。続けるものなので安いのに越したこと無いのですが、最初はあまり気にしないで買った方が良いと思います。

買って試してみて良かったら、そこで初めて予算と相談したほうが建設的です。せっかく自分に合った商品を価格のせいで逃してしまうのは非常にもったいないです。

 

最終的に我が家が選んだ青汁!

これを読んでいる人が気になのは「トモとシホは結局どれ飲んでるの?」ということだと思います。

最終的に我が家が選んだ青汁!

私たちが出した結論は「気に入った青汁をローテーションで飲む」という方法です。

その日の気分に応じて飲み分けているということです。様々な種類があるのにどれかひとつだけを飲み続けるのはもったいないという考え方です。

今日飲みたいと思った青汁を飲む!これが我が家の結論です。

 

しかしその中でもお気に入りの青汁を見つけたら定期購入にしてもいいとは思います。だって毎日飲むなら定期で買った方が安いですから。

うちは「安い・お得」というメリットは捨てて「飽きないで続ける」というメリットを優先させています。

 

投稿日:

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.