トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

成分・栄養

不足しがちな「カリウム」を青汁で補いたい!という人へ

投稿日:

不足しがちな「カリウム」を青汁で補いたい!

青汁を飲むと、日頃の食生活では補え切れない様々な栄養素を、集中的に摂取することができますよね!青汁には、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているほか、乳酸菌や酵素などが配合されているものもあり、青汁を飲むことで、私たちは健康を維持しやすくなります。

そんな中でも、こちらの記事では、青汁を飲むことで摂取できる「カリウム」の特徴や効能についてお伝えしていくことにします。

 

「カリウム」ってどんな成分?

カリウムとは、ミネラルの一種で、元素記号「K」で表記される、アルカリ金属元素の1つです。人体の中では主に、細胞内の体液である、細胞内液中に存在していると言われています。

細胞内液に多いカリウムは、細胞外液に多いナトリウムとともに、血圧であったり、細胞の浸透圧などの調整を行っています。浸透圧とは、半透膜で隔てられている濃度の低い液体が、濃度の高い液体の方へ向かって移動することで、全体の濃度を均一にしようとする力のことを指します。

その他にも、カリウムは老廃物の排出を助けたり、筋肉の収縮を促す働きを担っているなど、人体にとっては欠かせない重要な役割を果たしているのです。

 

「カリウム」は不足しやすい?

カリウムは、数多くあるミネラルの中でも、不足しやすい方の物質であると言われています。その原因は、カリウムが水溶性の成分で、水に溶けてしまいやすいからです。

せっかくカリウムを多く含んでいる野菜や果物を摂取しようとしても、調理をしようとする段階でカリウムは水に溶け出してしまうことが多いんですよ!カリウムを効率よく摂取するためには、食品を生で食べたり、煮汁ごと飲むなどの工夫が必要となります。

 

また、先ほど少し登場した「ナトリウム」は、カリウムと比べると、日頃の食生活で過剰に摂取されがちな傾向にあります。醤油や味噌など、塩分の濃いものにはナトリウムが含まれているからです。

ナトリウムの血中濃度が上がってしまった場合、バランスを調整するためには、カリウムを使わざるを得ません。そのため、カリウムはさらに不足状態に陥ってしまいやすいのです。

 

「カリウム」が不足するとどうなる?

カリウムが不足すると、脱力感や吐き気、食欲不振などの症状がおこります。また、精神面での影響も大きく、不安やイライラが大きくなるなど、全体的に情緒不安定な傾向に陥ってしまいます。

さらに、カリウムは筋肉の収縮にも関わっている成分なので、これが不足してしまうと、筋肉の痙攣などが引き起こされ、ひどい場合は不整脈をが発生したり、呼吸困難などにも陥る危険性があります。

また、夏バテの原因はカリウム不足にあるという話を耳にしたことはありませんか?汗をかくと、そこからカリウムが流れ出ていってしまい、倦怠感や食欲不振が引き起こされるのです。夏場は特に、カリウムを意識的に摂取するよう、心がける必要があるというわけですね。

 

「カリウム」を過剰に摂取するとどうなる?

通常、健康体の人間がカリウムを過剰に摂取しても、不要な分は体外に汗や尿という形で排出されるので、特に問題はありません。しかし、腎臓の機能に障害を抱えている人は、カリウムの摂取には気をつける必要があります。

腎不全などを患っていると、通常体外へ排出されるはずのカリウムが、体内に蓄積されていってしまい、「高カリウム血症」を引き起こしてしまうのです。

高カリウム血症を起こすと、吐き気やしびれ、脱力感、知覚過敏などの症状が起こる他、ひどい場合は、不整脈となり、心停止をも起こしてしまう場合があると言われています。

 

「カリウム」を多く含んでいる食品は?

カリウムが多く含まれている食品は、野菜では、ケール、たけのこ、ほうれん草などです。

カリウムが多く含まれている食品

ほうれん草には、1束でおよそ980mgもカリウムが含まれているので、摂取しやすいのですが、ゆでると結局水に溶け出していってしまうので、本来は生で食べることが望ましいです。

ザーサイや、きゅうりのぬかみそ漬けなどにもカリウムは多く含まれているのですが、これらを食べると、同時にナトリウムを大量に摂取してしまうことになるので、この点には注意が必要です。
また、魚介類では、するめやくさやにカリウムが多く含まれています。ただ、これらの食品にもやはり、ナトリウムが多く含まれていますので気をつけてくださいね!

その他には、あおさ、ひじき、わかめ、岩のりなどの藻類、また、大豆、いんげんまめ、納豆、きなこなどの豆類にも、カリウムは多く含まれています。

 

「カリウム」を含んでいるオススメの青汁は?

DIC『藻のすごい青汁』

カリウムを多く含んでいる食品として、上の項目で「藻」類をご紹介しましたが、こちらの『藻のすごい青汁』の主成分である「スピルリナ」も藻の一種であり、カリウムを豊富に含んでいます。

スピルリナは我々人類が誕生する遥か昔から地球上に生息している微生物なのですが、良質な栄養源として知られており、NASAやJAXA、WHOなどの機関からも未来の食料や酸素源になるとして、注目されています。

あのハリウッドセレブ達も「スーパーフードの王様」として、スピルリナを愛飲しているのだそうですよ!

 

まとめ

以上、こちらでは、青汁に含まれている成分の1つである、カリウムの特徴や効能、不足した場合に起きる症状や、過剰に摂取した場合に起きる症状、オススメの青汁等についてお伝えしてきました。

カリウムは、ほうれん草やわかめなど、我々が日頃よく目にする食品に含まれているのですが、調理の際に流れ出ていってしまうという特性があるので、効率良く摂取するためには、青汁などで上手に補う必要があるでしょう。

 

-成分・栄養
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.