トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

ダイエット・痩せる

ダイエットのために青汁を飲んでも「痩せない」原因があるとしたら…?

投稿日:

青汁って、決して安い飲み物…というわけじゃありませんよね。1杯あたりは100円程度だったとしても、毎日、毎月、毎年…継続して飲んでいくとなると、けっこうな出費となってきます。

しかし、それでも、ダイエットのために一念発起し、青汁を飲み始めよう!と決意する人は大勢います。

そんな風に、決心して飲み始めたのに…青汁を飲んでも、なかなか「痩せない!」そんな悩みを抱えている人達がいるようです。

痩せない

ダイエットのために青汁を飲み始めたのに、痩せない…と嘆いている人は、一体何がいけないのでしょうか?

商品自体にダイエット効果が全くないということなのでしょうか?それとも、飲み方が間違っているのでしょうか?こちらでは、ダイエット目的で青汁を飲んでいるのに、痩せない…という悩みを抱えている人の背景に潜んでいる理由について、詳しく分析していきたいと思います。

 

青汁のダイエット効果ってどれほどのものなの?

そもそも、青汁でダイエットを目指す…という方法は、正しいのでしょうか?

現在では、様々な種類の青汁のが販売されていますが、公式ホームページをチェックしてみると、「あの有名人が、この青汁で10kgの減量に成功!」といったような謡い文句が書かれている商品も、中には存在します。

実際、青汁にダイエットを促す効果ってあるのでしょうか?あるとしたら、どういったメカニズムで痩せるのでしょうか?

食物繊維がデトックスを促す

大切なデトックス作業

青汁に豊富に含まれている食物繊維には、腸内の老廃物を吸着し、排泄を促してくれるような働きがあります。

これにより、身体に蓄積されていた余分な便が出て行くことになるので、結果的に体重が減るという現象は充分に起こり得ます。

また、腸内の便だけでなく、血液中の中性脂肪やコレステロールなども、食物繊維を摂取していれば、併せて排出してくれるようになりますので、これにより、ダイエットの効果が促進されることもあるというわけです。

酵素が代謝を良くする

酵素が代謝を良くする

ダイエットを意識する上で、欠かせない成分が、青汁に含まれている「酵素」です。

酵素は、人間の「代謝」と深い関係があります。この酵素があることによって、人間の身体を構成している細胞は、新しく生まれ変わることができますし、余分な脂肪などを燃焼させることができるようにもなるのです。

代謝を上げるための酵素は、元々人体にも備わっているのですが、加齢により、次第に身体からその数が失われていきますので、一定の年齢を過ぎている人は、注意が必要です。

40代くらいからは、この酵素が急激に減っていきますので気をつけましょう。俗に言う「中年太り」というやつですね。

おじさんおばさんになると、痩せにくくなり、お腹が出てきてしまうのは、酵素が現象してしまうからである、とも言われているんですよ!

青汁でお腹がいっぱいになる

青汁でお腹がいっぱいになる

青汁の中には、置き換えダイエットを推奨しているものもあります。これは、つまり、青汁を飲めば、それがご飯1回分の代わりもなりますよ、ということです。

普段は別のものをモリモリ食べていたところ、それがヘルシーな青汁に置き換えられたら…、ダイエットの効果が出てくるのは、ある意味当然ですよね!

 

青汁で痩せない原因があるとしたら?

青汁で痩せない原因

上の項目で説明してきたように、本来はダイエットに対してある程度の効果が期待できるはずの青汁ですが、なかなか効果が現れない…いつまでも痩せない…としたら、その理由はどこにあるのでしょうか?

考えられる原因を挙げていきますので、こちらでチェックしていってください。

チェック1 青汁を信頼し過ぎていないか?

青汁を飲み始めたから、ちょっとくらい暴飲暴食してもいいかな…?というように、逆に油断してしまい、乱れた食生活を青汁で全てカバーしてやろう、くらいの気持ちでいる人って意外と多いんですよね。

青汁は、確かに健康をサポートしてくれる強い味方ですが、決して、万能な医薬品というわけではありません。

青汁を信頼し過ぎて、食べ過ぎてしまっている人は、いつまで経っても痩せない…という問題が、今後もついて回ることになるでしょう。

チェック2 牛乳や豆乳で割って飲んでいないか?

青汁自体には、糖質も脂質も、含まれていなかったとしても、牛乳や豆乳で割って飲んでいたら、その度に、牛乳や豆乳に含まれている成分まで併せて摂取してしまうことになります。

牛乳には意外と糖質も脂質も多く含まれていたりするので、ダイエットにはあまり向いていません。飲み過ぎには注意しましょう。

チェック3 青汁に甘いものを入れていないか?

ダイエットを意識している人なら、わざわざ青汁に甘いものをプラスして飲んだりはしなそうですが…。念のため、こちらもチェックしておいてください。

青汁って、中には青臭くて飲みづらい味のものもありますからね。ついつい、はちみつや砂糖を入れて、自分好みの味に仕上げたくなってしまう…という人もいることでしょう。

もちろん、微量ならさほど問題はありませんが、毎日飲むものに、毎回甘いものを入れている…となると、その総量はなかなかのものになってしまいそうです。

 

青汁に含まれている甘味料でも太るの?

最近の青汁は、ほんのりと甘くて飲みやすい味のものも多いのですが、これは、そのような味に調整されているからであって、そこには、実は「甘味料」が含まれています。

このせいで痩せないんじゃ…!なんて思う人も多いかもしれませんが、青汁に含まれている甘味料は、基本的にはごく微量です。ケーキやパフェなどの、いわゆる「甘いもの」を食べるのに比べたら、太るほどの量であるとは言えないでしょう。

逆に、ほんのりと甘い青汁を飲むことで、いわゆる「甘いもの」「スイーツ」を食べたい欲求が抑えれるのであれば、あえて甘めの青汁を選ぶ、というのも手ですよ!

 

ただし、青汁に使用されている甘味料の中には、人体に対して危険が報告されている物質もありますので、気をつけてください。

黒糖やはちみつなど、自然由来の成分で甘さを出そうとしている場合は、問題ないのですが、「アスパムテール」「アセスルファムK」などの「人工甘味料」には、副作用が伴うケースもあるので、注意が必要です。

 

まとめ

ダイエット目的で青汁を飲み始めたけれど、痩せない…!という悩みを抱えてしまっている人のために、少しでもお役に立ちそうな情報をお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか?

そういえば、青汁を飲み始めたことで、逆に油断しておやつを多めに食べていたかも…なんて人は、生活を見直してみてくださいね!

 

-ダイエット・痩せる
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.