トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

コラム

青汁を飲むなら「朝」がいい!?その理由や、メリットは!?

投稿日:

青汁を飲むなら「朝」がいい!?その理由や、メリットは!?

健康のために、1日1杯の青汁を飲むなら、毎日続けることが大切です!ところで、そんな1日1杯の青汁は一体、1日のうちの「いつ」に飲むのが、一番効果的なのでしょうか?

朝なのでしょうか?昼なのでしょうか?夜なのでしょうか?あるいは、おやつを食べたい!と思った時間に、青汁を飲むようにするといいのでしょうか?

正解は、その人の体質や、目指していること、悩みなどによるので、一概には語れませんが、一般的には、青汁は「朝」に飲むようにすると、効果が高い、なんて言われています。

こちらの記事では、青汁を朝に飲むことで得られるメリットや、朝以外に飲むと、どのような効果が得られるか…といったような話を中心にお伝えしていきます。

 

青汁を飲むなら「朝」がいい理由とは?

青汁を飲むなら「朝」がいい理由とは?

1日1杯の青汁を、朝に飲むといい理由とは、一体何なのでしょうか?

朝は、長時間の眠りから覚めた人間の身体が、もっとも栄養を欲している時間帯です。ですから、この時間帯に、たっぷりと栄養の詰まった青汁を飲むと、効率よく、様々な成分を吸収できるというわけなのです。

朝は、長時間の眠りから覚めた人間の身体が、もっとも栄養を欲している時間帯

たとえば、土に水をやる時も、カラカラに乾いている状態の時にあげる方が、たっぷりと染み込んでいきそうだな…、と想像ができますよね?

逆に中途半端に湿ったような状態や、既にビタビタな状態の時に水をやっても、あまりしっかり染み込んでいってくれないような印象を持つことでしょう。

 

また、朝は臓器が起き出して、体内の様々な部位が活発に動きだすタイミングです。お通じが来るのも、「朝」と決まっている人って多いのではないでしょうか?

お通じが来るのも、「朝」

青汁を飲み始める目的は人それぞれでしょうが、特に「便秘解消」を狙っている人は、朝に青汁を飲むようにすると、より高い効果が期待できることでしょう。

 

ちなみに、ダイエットをしようとして、朝ごはんを抜いてしまう人も多いことと思いますが、朝にはできるだけ、栄養を摂り入れるべきです。

朝にはできるだけ、栄養を摂り入れるべき

ダイエットを目指している人ほど、朝ごはんは抜かない方が良いんですよ!

なぜなら、この時間帯に食事を抜いてしまうと、身体が「今日は栄養が入ってこないのかな…?」と、危機感を覚えてしまう可能性があるからです。

そして、これを続けていると、身体が脂肪や糖を蓄積しやすい状態になっていってしまうんですよ…!

何も食べないよりは、朝に1杯の青汁を飲むようにする方がよほどダイエットを目指す上では効果的ですので、朝食を青汁に置き換えるという方法を、まずは積極的に試してみてくださいね。

 

青汁を「朝」に飲むことのデメリットってあるの?

青汁を飲むなら、朝一番の習慣にすると良い、というのは、ほとんど青汁界での定説のようになっていますが、青汁を朝に飲むと、デメリットもあるのでしょうか?

 

1つは、紫外線との相性が悪い…という問題があります。

紫外線との相性が悪い…という問題

実は、青汁には「ソラレン」という栄養素が含まれているのですが、この「ソラレン」には、「光毒性」というものがあるのです。

ソラレンを摂取してから2時間以内くらいに日光を浴びてしまうと、目や肌や体内の細胞が、紫外線に対して過剰に反応してしまうんですよ!

そのため、結果としてシミが増えてしまったり、シワが増えてしまったり…ということが起こり得るのです。

青汁=美肌のために良いドリンクだと思い込んでいた人にとっては、「寝耳に水」とも言えるような、驚くべき情報ですよね!

 

ただ、ソラレン自体がそこまで身体にとって有害な物質かというと、決してそのようなことはないので、そこまで神経質になる必要もないかもしれません。

日光から受ける、紫外線のダメージの問題に関しては、日焼け止めを塗ったり、サングラスをしたり、帽子をかぶったり、日傘を差したりすることで充分に防止もできます。

焼け止めを塗ったり、サングラスをしたり、帽子をかぶったり、日傘を差したりすることで充分に防止

こういった対策をしっかり行っていれば、朝に青汁を飲むようにした途端、大量にシミができてしまった!というようなことは、まず起こらないと思っていて良いでしょう。

それでもどうしてもソラレンの作用が気になる…という人は、朝に青汁を飲むのではなく、昼間や、夕方以降の時間帯に青汁を飲むようにするといいかもしれませんね。

 

青汁は夕飯前に飲むのもオススメ!

青汁は夕飯前に飲むのもオススメ!

青汁は、朝に飲まなければいけないわけではありません。青汁は、薬とは違いますから、気分次第で、昼間に飲んだって、夜に飲んだっていいわけです。

ただ、もし、朝に飲むことに抵抗があるというのであれば、次のオススメできるのは、夕飯前です。

 

よく、ダイエットをするなら、朝に一番多く食事を摂って、昼や、夜は軽めにするべき…という話を耳にしませんか?

そう…、夜は、身体を休めるための時間帯なので、この時間に、ドカ食いをしてしまうと、内臓に対して非常に負担になる上、脂肪や糖が適切に分解されず、太りやすくなってしまうのです。

夕飯をついつい食べ過ぎてしまう傾向にある…という人は、その前に青汁を飲むようにしてみてください。

こうすることで、満腹感を得られるので、ドカ食いを防ぐことができますし、血統値の急激な上昇を抑えることもできます。

血糖値が急に上がる…というのは、身体にとって、大きな負担となります。この上昇っぷりがゆるやかだと、身体はリラックスをしやすくなり、就寝時にも、スムーズに眠りにつけるようになるんですよ!

 

まとめ

青汁を飲むなら、朝イチがオススメ!ということに関して、そのメリットや理由などをお伝えさせてもらいました。

朝は、身体が栄養素を最も欲している時間帯なので、この時に青汁を飲むと、スーッと全身に必要な成分が染み渡っていくような感覚を得られることでしょう。便秘解消などの効果を狙う上でも、朝一番に1日1杯の青汁を飲むようにするって、とてもオススメですよ!

ただし、青汁は薬ではありませんから、必ずしも朝に飲まなければいけないというものでもありません。夜に飲めば、夜に飲んだなりの効果も得られますので、朝イチで飲むことに抵抗がある人は、夕食前などに青汁を飲むようにしてみてください。

特に、紫外線による肌へのダメージ等が気になる…という人は、朝の早い時間帯に青汁を飲むのではなく、昼間以降に飲むようにした方が良いでしょう。参考にしてみてくださいね!

 

-コラム
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.