トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

コラム

「液体」タイプの青汁にはどんなメリット・デメリットがある!?

投稿日:

現在、市販されている青汁には、実は様々なタイプがあるってご存知でしたか?

スティック状に包装されている粉末タイプのものや、錠剤やタブレットタイプのもの、さらには、寒天タイプとして販売されているものもあるんですよ!

そんな中、ジュースと同じく、「液体」の状態で売られている青汁もあるわけですが、液体タイプの青汁には、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?その他の形状の青汁と比べて、どういった点が魅力なのでしょう。

「液体」タイプの青汁にはどんなメリット・デメリットがある!?

こちらの記事で、液体タイプの青汁に関する情報をまとめていきます。

 

液体タイプのメリットは?

ペットボトルや、紙パックや、缶に詰められた状態で販売されている、液体タイプの青汁には、どういったメリットがあるのでしょうか?

液体タイプのメリットは?

液体タイプの青汁の、最大のメリットは、買ってきて、そのまま飲める!ということでしょう。とにかく、お手軽なんですよね。

最近では、スーパーや、コンビニのドリンクコーナーでも、青汁が売られていますが、目にしたことはありますでしょうか?

店頭で適温に冷やされている青汁を購入すれば、店を出てすぐ、ゴクゴクと飲み始めることができます。これは、液体タイプの青汁の、大きな魅力であると言えるでしょう。

継続して青汁を定期購入する…というスタイルでなく、とりあえず今、青汁を飲みたい気分!という人には、液体タイプの青汁が断然便利ですし、オススメです。

決められた青汁に限らなくても、その日の気分で、好きなメーカーの好きな青汁を手にとって買うことができるって、ちょっと嬉しいですよね?

 

これが、そのほかのタイプの青汁…たとえば、粉末タイプの青汁だと、コップと水を用意して、溶けるまでクルクルとかきまぜたりしなければいけませんが、液体タイプの青汁なら、もう最初から、ドリンクの状態になっていて、完成されていますので、まったく手間がいりません。

封を開けたら、あとは飲むだけ!

封を開けたら、あとは飲むだけ!この楽チンさも、液体タイプの青汁の、大きなメリットであると言えるでしょう。

 

さらに、味に関してですが、液体タイプのものは、最初から飲みやすい状態に調整されていることがほとんどです。

粉末タイプだと、自宅で水や牛乳を入れて飲む際、毎回の仕上がりにムラが出きてしまったりしますが、液体タイプであれば、一定のクオリティーの味を、間違いなく楽しむことができるんですよね。液体タイプの青汁には、美味しいものが多いです。

 

また、液体タイプの青汁は、腹持ちが良い!というメリットもあります。

これがたとえば、錠剤タイプの青汁だと、口に放り込んだら、あとは飲み込んでおしまい!になってしまうので、結局は口寂しくて間食をしてしまったりするんですよね。

この点、液体タイプの青汁なら、1杯を飲み干せば、それだけで満腹感が得られたりもするわけです。「間食したかったけど、もういいや!」というような気分になれる可能性が高いんですね。

食事の前に飲むようにすれば、ドカ食いを防ぐこともできるでしょう。

 

液体タイプのデメリットは?

液体タイプの青汁のデメリットですが、まず、どうしても場所を取ってしまう、という点が挙げられます。

デメリットとしては、場所を取るということ

水分って、かさがある上に、重たいですからね…。冷やして飲もうと思うと、冷蔵庫の中が大混雑してしまいそうだと思いませんか?

定期購入で申し込むとなると、液体タイプの青汁は、そのほかの青汁に比べ、だいぶ不利となるでしょう。

 

さらに、栄養価についても、液体タイプに軍配があがることは少ないといえそうです。

なぜなら、液体タイプは「味」が命だからです。これが、錠剤タイプなら、ごくん!と飲み込んでしまうだけなので、開発をする側も、風味などに気をつかう必要がまったくないわけです。

とにかく、身体にいい栄養素を遠慮なく詰め込んでいけるというわけですね。

しかし、液体タイプだと、人気を獲得するためには、甘くしたり、苦味をおさえたり…と、どうしても、悪戦苦闘が必要になってきます。

その過程で、余計な甘味料を足すことになってしまったり、保存料を入れる必要が出てきてしまったりするんですよね。これは、液体タイプの大きなデメリットと言えるでしょう。

 

また、液体タイプの中でも、冷凍タイプのものは、取り扱いに神経をつかう…という問題が挙げられます。

冷凍タイプのものは、鮮度が良いので、美味しい!と評判なのですが、非常にデリケートで一度溶けてしまったら、おしまい!という厄介な代物なので…、そこをクリアできる人でないと、あまりオススメはできません。

 

まとめ

液体タイプの青汁に関して、そのメリットやデメリットを、様々な角度から分析し、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

液体タイプの青汁は、飲みきりタイプとして、その日の気分に合わせ、スーパーやコンビニで買ってきて飲む!という付き合い方をするのがオススメであると言えます。

すでに冷やされいる青汁を買えば、その場で封を開けて飲み始めることも可能!という手軽さが最大の魅力ですよね。

ただ、栄養や保存の問題などを考え始めると、液体タイプの青汁は、あまりオススメできなくなってきます。

自宅に常備しておいて、継続的に青汁を飲みたい、ということであれば、粉末タイプの青汁や、錠剤タイプの青汁を選ぶ方が良いでしょう。

それに、液体タイプの青汁は、味を気にして作られているので、栄養価に関しては、本気を出しづらい部分もあるというのも実情です。

この辺りのことを考慮した上で、アナタに一番合った青汁を選ぶようにしてくださいね!

 

-コラム
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.