トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

成分・栄養

青汁には「はちみつ」を加えて飲むのがオススメ!?

投稿日:

青汁って、青臭い、苦い、渋い、飲みにくい!というイメージがありますよね?最近では、スッキリとした飲み口が魅力で、お茶感覚で楽しめるような青汁や、和菓子のような甘さがあり、抹茶オレのような味をした美味しい青汁なんかも登場していますが、そういった青汁だと、今度は逆に添加物の内容が気になってしまったり…。

栄養にこだわるなら、人工甘味料などの成分が入っていない、素材100%にこだわったシンプルな青汁、青汁らしい青汁の方が、良さそうだ!という気はするものの、やっぱりそこに飲みやすさは欲しい…あるいは、たまには甘い状態で飲みたい…これでは、堂々巡りですね!

 

そんな人にオススメなのが、自宅で青汁に「はちみつ」をプラスするという方法!思いつきそうで、思いつかなかった!という人もいるのではないでしょうか?

はちみつ

こちらの記事では、青汁にはちみつを加えて飲むことのメリットや、注意点などをお伝えしていきたいと思います。

 

はちみつをプラスすることのメリット

人工甘味料に頼らないで済む!

甘くて飲みやすい青汁には、長く続けられる!などというメリットもあるのですが、心配なのは、青汁を甘くするために配合されている成分、人工甘味料に含まれている「アスパムテール」です。

このアスパムテールは、人体に様々な悪影響を及ぼすことが指摘されています。軽いものでは、めまいや、むくみなど。重症なものになると、失明、糖尿病、うつ病などなど…、もちろん、摂取したからといって、すぐに弊害が発生するわけではありませんし、必ずしもこの症状が発生するというわけではありませんが、特に小さな子供や胎児にとっては、影響が大きい可能性もありますので、できるだけ避けるようにするべきでしょう。

はちみつは栄養の吸収を助ける

はちみつには、緑黄色野菜などの栄養を人体が吸収する際に、それをサポートする働きがあるんですよ!これは砂糖にはない、はちみつならではの特性なんです。

天然の生物から抽出される蜜だけあり、栄養も満点!近年では砂糖との「置き換え」も推奨されているなど、はちみつは、ただの甘味料の一種とは言えない、高機能な食品となっています。

 

はちみつをプラスする際の注意点

甘くし過ぎてしまわないこと

もともとほどよい甘みのある青汁には、あえて甘さを足そうとは思わないでしょうが、全く甘みのない青汁には、つい「もっと…もっと…」と、自分好みの味にしたくて、はちみつをプラスし過ぎてしまう可能性があります。糖分を摂り過ぎてしまっては、健康のために飲んでいるのに、本末転倒!?なことになってしまいますから、気をつけましょう。

1歳未満の子にはちみつは厳禁!

はちみつは天然由来の成分で、栄養満点!ですが…、実は、1歳未満の子供に対して与えるのは厳禁とされており、非常に危険な毒となってしまう可能性があるんです。

これは、はちみつに含まれている「ボツリヌス菌」が原因です。ボツリヌス菌は、100度の熱でも死滅させることが難しい生命力の強い菌なのですが、このボツリヌス菌にとっては、乳児の体内が最高の環境らしく、一度入り込んでしまうと、増殖を防ぐことが難しくなってしまうのだそうです。これによって「乳児ボツリヌス症」という、食中毒の状態を引き起こしてしまいますので、充分に注意してくださいね!

1歳を過ぎていても、子供の成長具合によっては安全とは限らないので、乳幼児に、わざわざはちみつを与えるのは控えておいた方が良いでしょう。

 

はちみつを加えて飲むのにオススメの青汁は?

サンスター『粉末青汁』

ケール、明日葉、大麦若葉、ブロッコリー、モロヘイヤ、という最強メンバーばかりを揃え、そのエキスをギュッと濃縮させた、栄養価バグツンの青汁です。大衆に媚びていない、青汁らしい青汁の王道を貫いている商品で、添加物を一切使用しておらず、安心して飲めるというところが何よりの魅力なんですよ!

とにかく栄養を摂取したい!という本格派志向の人に大人気で、決して飲みやすい味ではないものの、自然の素材の風味が感じられて、逆に美味しい!これくらいの味でないと、青汁を飲んだ気がしない!という声も。

それでも、もう少し飲みやすい味になってくれたら…と思う人は、こういった『粉末青汁』のようなタイプの青汁にこそ、はちみつの成分をプラスして飲むと良いでしょう。さらにもっと、まったりとした味にしたければ、牛乳や豆乳で割ってみたり、あるいはヨーグルトと一緒に摂取するという方法もオススメです。

サントリー『極の青汁』

こちらの青汁は、主な成分が「明日葉」と「大麦若葉」なので、もともとが非常に飲みやすい味に仕上がっているんです。お茶の開発に力を入れているサントリーの青汁だけあって、それこそ本当に、青汁なのにお茶感覚で飲めるところが魅力なんですよね!

ただ、飲みやすいとはいっても、どちらかというと、スッキリした味わいなので、ここにちょっとだけはちみつの成分をプラスしてみると、絶妙の甘さ加減を楽しむことができるでしょう。

日によって、牛乳で割って飲んだり、はちみつを足して飲んだり…というように、味を変えるということも、青汁生活を長続きさせるポイントですよ!こちらは、累計販売数が2億杯を突破している大人気の青汁ですし、リピート率もかなり高いようなので、是非、注目してみてくださいね。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、青汁に甘さをプラスするため、はちみつを加えて飲むことのメリットや注意点、また、はちみつを加えて飲むのにオススメの青汁の情報などについてお伝えしてきました。

甘い青汁って、飲みやすいんですが、そればっかりだと飽きてしまったりしますし、その日の体調や気分によっては、なんだか妙な甘さが気になってしまって逆に飲みたくない…なんてケースに対応しきれなかったりするんですよね!

その点、自然の成分が100%で、甘味料の入っていない青汁なら、自分で甘さを調整できるわけですから、かえって長続きすることもある…、そんな事実に、お気づき頂けたのではないでしょうか?

はちみつは美味しい上に栄養満点なので、小さな子供にも向いている食品ですが、1歳未満の子供だけには、与えないように充分注意してくださいね!

 

-成分・栄養
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.