トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

成分・栄養

妊婦さんには「葉酸」の含まれた青汁がオススメ!

投稿日:

この記事に辿り着いた人は、おそらく「葉酸」のことについて是非、詳しく知りたいと考えているのでしょう。その理由は、もしかすると…妊娠をし、お腹の赤ちゃんのことが気になっているからかも知れませんね!そう…葉酸は、妊婦さんと、とても深い関わりのある栄養素なんですよね。

葉酸は、妊婦さんと、とても深い関わりのある栄養素

葉酸を摂取するのには、葉酸サプリを飲むという方法もありますが、葉酸の多く含まれている「青汁」を飲み始めるという方法もオススメですよ!青汁なら、葉酸だけでなく、そのほかの身体にとって重要な成分も、バランスよく補うことができますからね。

こちらでは、葉酸の特徴や効能、また実際に葉酸の成分が多く含まれているオススメの青汁に関する情報などをお伝えしていきます。

 

葉酸ってどんな成分?

そもそも「葉酸」とはどんな成分なのでしょうか?ビタミン、カルシウム、鉄分などの名前は、日頃からよく耳にしますが、葉酸というのは、普段からはあまり聞き慣れていない…という人も多いのではないでしょうか?妊娠して初めて、「葉酸」という言葉を知り、意識するようになったという人もいることでしょう。

葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種です。

人体の「代謝」に深い関わりを持っており、細胞の生産や再生を促し、身体の発育を助けてくれるなど、非常に重要な役割を果たしています。

タンパク質や核酸を合成するのですが、この「核酸」という物質は、言い換えるとDNAやRNA…つまり、生命の根幹である遺伝子のことなんです。ですから、妊娠期や授乳期のお母さんにとっては、葉酸が必要不可欠な栄養素である…とうことになるんです。

 

葉酸が不足するとどうなる?

細胞分裂が盛んな妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんに先天性の疾患を招いてしまうリスクが高くなります。

特に「二分脊椎症」などの症状が現れてしまう可能性が指摘されているため、かなりの注意が必要です。

また、授乳期にも葉酸は必要で、この時期に不足してしまった場合は、赤ちゃんの発育に遅れを及ぼすということが言われていたりもします。

妊婦さんや授乳中のお母さんだけでなく、葉酸には赤血球の生産を助ける働きがあるので、これが慢性的に不足すると、心血管系の疾患や悪性の貧血など、恐ろしい病気を招いてしまう可能性も高まるのです。

特に、お酒を大量に飲む人や、アスピリンを服用している人、避妊薬を服用している人などは、葉酸が欠乏しやすくなると言われているので、関係のありそうな人は、覚えておいてください。

 

葉酸を多く含んでいる食品は?

葉酸は、ほうれん草や、ブロッコリーなど、色の濃い緑黄色野菜に多く含まれています。

葉酸を多く含んでいる食品

そのほかにも、レバーや、豆類などから摂取することができるのですが、葉酸には「熱に弱い」という特徴のあることがわかっているんです。

さらには、水や光にも弱かったりするため、せっかく葉酸の含まれている食品を口にしても、実は思うように葉酸の栄養素って摂取できていない場合が多いんですよ!

つまり、大切な時期に、必要量の葉酸を適切に摂取したいのであれば、やはりサプリや青汁に頼る方がよいというわけです。

 

葉酸の成分が入っているオススメの青汁は?

その1 サンスター『粉末青汁』

素材の恵みが100%凝縮されており、余計な添加物の一切使用されていないことが魅力となっている青汁です。原料となっている野菜は、ブロッコリー、ケール、明日葉、大麦若葉、モロヘイヤで、まさに青汁界では、スーパースターとも言える野菜達が、大集結しているスペシャルな青汁なんですよ!葉酸の含有量を比較してみても、こちらの青汁はかなり高い数字となっています。

正直、味に関しては、他社の青汁の方が飲みやすく美味しいのかも知れません…。ただ、甘くて美味しい青汁には、危険な人工甘味料が含まれている可能性があるかも知れませんので、妊娠中の方にはあまりオススメできません。お腹に赤ちゃんもいる大事な時期ということであれば、味よりも、中身の素材にこだわる方が、ここは大事なのではないでしょうか?

水で溶かして飲むだけだと、どうしても飲みづらい…という場合は、牛乳やヨーグルトで割って摂取するという方法もありますよ!1日1包程度であれば、たとえあまり好みの味でなかったとしても、健康のためにゴクン!と飲み干すことくらいできるはず…!?それに、自然由来の味ですから、余計な甘みがプラスされてしまっているよりも、こういった味の方が、風味が感じられて好きだという声も多いんですよ!

その2 マイケア『ふるさと青汁』

単純な葉酸の含有量で比較すると、『粉末青汁』ほどは多く含まれていないようですが、こちらの青汁は、明日葉が主原料となっており、抹茶風味のスッキリとした飲みやすい味が特徴となっています。やっぱり美味しい方が続けられるかも…というタイプの人には、こういった青汁の方が良いかも知れませんね!

その3 ステラ『贅沢青汁』

こちらの青汁も、葉酸を補うのに向いている商品です。なんといっても、最大の特徴は錠剤タイプであるということ!妊婦さんは、匂いや味に敏感で、つわりがひどい場合は飲めないこともあるでしょうし、水や牛乳で溶かして飲む…という作業が毎日発生すると、それだけでも辛さを感じてしまう場合がありますよね?

その点、こちらの『贅沢青汁』なら、ポイッと口にいれ、あとは水で飲み込むだけですから、妊婦さんにとっては、最も楽な青汁ということになるでしょう。開発している側も、味の調整を行う必要がないわけですから、身体に良い成分だけをシンプルに詰め込むことができるというわけです。配合されているのは、ケール、長命草、クロレラなどの成分です。普段は口にすることのできない貴重な栄養素を摂取することが可能ですよ!

 

まとめ

以上、こちらの記事では、葉酸の特徴や効能、赤ちゃんの発育にとっていかに葉酸が大事であるかという話や、実際にオススメできる、葉酸の含まれた青汁の情報などをお届けしてきました。

葉酸不足が招く、赤ちゃんへの悪影響を考えると、本当に怖いですよね…!本来は自然な食品から摂取したいところですが、葉酸は熱や水や光に弱いので、適切に摂取するためには、上手に青汁の力を借りてくださいね!

 

-成分・栄養
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.