トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

コラム

その青汁の「コスパ」が良いかどうか見極めるための方法は!?

投稿日:

その青汁の「コスパ」が良いかどうか見極めるための方法は!?

せっかく青汁を飲み始めるなら、コスパのいい青汁にしたい!とは、誰もが思うことでしょう。ただ、コスパが良いって、どういうことなんでしょうか?実は、よくわかっていない…という人も多いかもしれませんね。

コスパとは、「コストパフォーマンス」のこと。設定されている金額以上の価値を感じられるものに出会った時、その商品のことを人は「コスパ」がよい!と表現します。

青汁の世界において、コスパがいいとは、どういうことなのでしょうか?コスパのいい青汁を探すためには、どうすればいいのでしょうか?こちらで詳しく解説していきます。

 

安い=「コスパがいい」ではない!

その青汁の「コスパ」が良いかどうか見極めるための方法は!?

1ヶ月あたりの価格が、2000円の青汁、3000円の青汁、4000円の青汁、と3種類あった場合、2000円の青汁が一番安いので、この青汁が最もコスパがよい…かというと、そうではありません。

コスパで検討する場合は、価格に対して「質」がどうであるか…ということが、非常に重要になってくるので、どの青汁が一番コスパの良い青汁かどうかは、すぐにはわからないのです。

 

たとえば、2000円の青汁でも、1500円程度の価値しかないような商品だったら、その商品を買うだけで、500円も損をしてしまうことになります。

しかし、3000円の青汁に、もしも3600円分の価値が詰まっていたとしたら…?3000円の青汁を買う方が、結局は毎回、600円もお得になりますよね。

というわけで、コスパのよさを見極めるためには、値段に見合っただけの質が提供されているかどうかを比較していくようにしてくださいね。

 

美味しい青汁はコスパが良い?悪い?

美味しい青汁はコスパが良い?悪い?

さて、青汁を選ぶ上で、その味はとても重要になってくることと思いますが、ほんのりと甘くて飲みやすいような青汁って、コスパがいいと思いますか?それとも悪いと思いますか?これについては、どちらの説も唱えることができます。

その青汁が甘くて美味しいのには、必ず裏の理由があります。たとえば、甘味料が使われている可能性について考えてみてください。実際、原材料の項目をチェックすれば、これは具体的な事実として知ることもできます。

同じ金額で、どちらも1包あたり4gの青汁があったとして…、片方は美味しい青汁で、片方はまずい青汁です。せっかくなら、美味しい青汁を飲みたい!美味しい青汁の方が当然、コスパがいいでしょ!…と思うかもしれませんが、美味しい青汁の場合、実は、その半分の2gくらいが甘味料!という場合もあるのです。

そうなってくると、たとえまずくても、4g全てが野菜のエキスでできている青汁の方が、コスパはいいような気がしてきますよね?

 

しかし、味の調整が行われていない青汁にも、落とし穴はあります。

味がちょっと…というような青汁って、牛乳や豆乳で割ると、実は美味しく飲めたりするんですよ!ヨーグルトに混ぜて食べたり、ミキサーでスムージーを作ったり、というようなアレンジ方法も、最近では盛んに紹介されています。

しかし…、この時、牛乳や豆乳に掛かる費用や、スムージーを作るために必要な費用については、度外視されていることが多いんですよね。

味がイマイチだから…という理由で、毎回、牛乳や豆乳が登場しなければならないようだと、その分の金額が掛かってきてしまいますので、実はコスパが悪い!ということになってきます。

もちろん、牛乳や豆乳やヨーグルトにだって、それそのものに栄養がありますから、その分の栄養を摂取できると思えば、コスパは変わらないのかもしれませんが…。

シンプルに、水で割って飲むだけで充分に美味しい青汁を選んでおいた方が、余計なものを買わなくて済む、ということについても、一応意識をしておいてください。

 

有名企業の青汁はコスパが、良い?悪い?

有名企業の青汁はコスパが、良い?悪い?

青汁を作っているメーカーの中には、ビールやお茶なども普通に販売している、超有名企業なども混じっています。有名企業が出している青汁はコスパが良いのでしょうか?

大手メーカーの場合、ある程度、商品を製造するための設備や、流通をさせるためのルート、ノウハウなどが揃っていますので、ここに1からお金を掛ける必要がない…ということもあり、全体的な価格が安く抑えられていたりします。

品質に関しても信頼できますから、大手有名企業の青汁を選ぶというのは、賢明な選択でしょう。

ファッションの世界だと、ブランド名だけで値段を釣り上げる…といったような現象も起こりますが、青汁の場合は、ブランド名だけで商品の価格がそこまで大きく変わる…というようなことは少なそうです。

 

最終的に青汁を選ぶ判断基準は?

最終的に青汁を選ぶ判断基準は?

コスパが究極に良い青汁に出会えたとしても、自分自身がその青汁に対して、ピンと来ていなかったり、家に届いても、全くテンションが上がらない…というようであったならば、その青汁の継続購入は思いとどまったほうがいいかもしれません!

青汁のコスパって、普通は栄養価や内容量などで決まってきますが、それ以上に大切なのは、その商品に対して、心がトキメくような魅力を感じるかどうかなのです。

たとえ、多少コスパが悪かったとしても…。人間は、少し高めの商品に、手を伸ばして買うことで、自分にものすごく質のいい投資をしているような、特別な気分を味わうことができたりもするのです。

ちょっと高いけれど、この商品には、高いだけの価値があるのだ!と思い、テンションが上がるかどうか…、その部分を一番大事にしていると、青汁生活を楽しく、長く、続けることができるでしょう。

コスパの良さを重要視することは青汁を選ぶ上で、とても大切ですが、それが必ずしも絶対的な基準にはならない!ということですね。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、青汁を選ぶ上で大切な基準となる「コスパ」に関して、話題の的を絞り、お伝えしてきました。

安くてもコスパの悪い青汁はありますし、高くてもコスパの良い青汁はあります。コスパの良し悪しを見極めるためには、質に関する情報をしっかり入手しなくてはいけませんから、けっこう難しいんですよね。

ただ、コスパの良し悪しって、その商品を買うべきかどうかを判断するための、絶対的な基準というわけではありません。

自分自身がその商品を手に取ることで、明るく前向きな気持ちになれるかどうか、テンションが上がるかどうか、そちらの方に感覚を向けるというこも、とても大切ですので、意識してみてくださいね!

 

-コラム
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.