トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

健康

青汁を飲んで「コレステロール値」を下げたい!という人へ

更新日:

健康診断で「コレステロール値が高いです」なんて結果を言い渡されてしまい、ショックを受けているという人…いませんか?実際、医者からはまだ指摘されていないという人でも、食生活が乱れている人や、偏ったものばかり食べてしまいがちだという人は、「コレステロール」のことを、頭のどこかで常にうっすら意識しているのではないでしょうか?

もし、少しでもコレステロールのことを意識しているのなら、対策を取るのはできるだけ早い方がいいでしょう!コレステロール値を下げるために効果のある食品を、積極的に食事に採り入れてみてください。

…ただ、だからといって、毎日大量の野菜を食べたり、いきなり、大好きな脂っこいものを控えるのって、それはそれでストレスです。

無理な食事制限をやってしまうと、それはそれでまた別の、精神的な弊害を引き起こしてしまう可能性があります。無理なく、コレステロール値をガツン!と下げるためには、それなりの工夫が必要というわけです。

青汁を飲んで「コレステロール値」を下げたい

こちらでは、コレステロール値を下げる効果があるとされている、優れた栄養素に関する情報や、そんな成分が豊富に含まれているオススメの青汁などをご紹介していきます。

 

そもそもコレステロールって?

「コレステロール値が高い!」=健康的でない、というイメージが強いので、「コレステロール=悪者」だと思っている人も多いことと思いますが、決してそういうわけではありません。

コレステロールは脂質の一種なのですが、本来は身体にとって重要な役割を果たしている成分なのです。

1 細胞膜の材料になる

私達の身体は、60兆個もある細胞からできているわけですが、コレステロールはそんな細胞の「膜」を構成する、大事な成分です。

2 ホルモンの材料になる

コレステロールは、副腎皮質ホルモンや、性ホルモンなどの材料になるという、非常に重要な役割をも果たしています。

副腎皮質ホルモンは、人体がストレスを受けた時や、水分の調整が必要な時などに分泌されるホルモンです。性ホルモンは、男性らしさや、女性らしさを司る、これまた非常に重要なホルモンです。

3 胆汁酸の材料になる

コレステロールは、脂肪の消化吸収を助けるという、胆汁酸の材料にもなるんですよ!

このように、コレステロールは人体にとって非常に重要な役割を果たしているわけですが、現代人は、食事などからこの成分を多く摂取し過ぎてしまう傾向があるんです。元々、人体には、コレステロールを過剰に摂取しても、その量を一定に保つという機能が備わっているのですが、コレステロールを常に多く摂取していると、この「量を一定に保つ」という機能が崩壊していってしまうんです。こうなってしまうと、どういったことが起きるのか…ということについては、次の項目でご説明することにしましょう。

 

コレステロール値が高いとどうなるの?

コレステロール値が高い

コレステロールを過剰に摂取し過ぎてしまい、しかもそれらがうまく排泄されずに残ってしまうと、次第に血液の中に余分なコレステロールがたまっていってしまいます。

これが次第に、血管と一体化を始めてしまい「酸化」することで、ついには「動脈硬化」が起きてしまうと言われているんです。

動脈硬化が起きると、命に関わるような、とんでもないダメージを受けてしまう可能性が一気に高まります。

たとえば、心筋梗塞や、脳梗塞など。どちらも、一瞬で命を落とすことのある、非常に危険な病気であり、一命をとりとめたとしても、重大な後遺症が残ってしまう恐れだってあります。

 

コレステロール値を下げる効果のある成分は?

コレステロール値を下げたいと考えている人は、具体的にどのような成分が含まれている食品を摂取すると良いのでしょうか?

ビタミンC

ビタミンCには、コレステロールを胆汁酸に変化させ、体外へ排泄するのを促す効果があります。コレステロール値を下げたいなら、まずはビタミンCをどんどん摂取するようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンEには、コレステロールそのものを分解し、小さな塊にする作用があります。こうすることで、渋滞していた血液中のコレステロールがスムーズに流れ始めるようになるんですよ!ビタミンEは、アーモンドや魚介類などに多く含まれていると言われています。

ビタミンB群

ビタミンB群には、コレステロールが酸化し、血液に付着するのを防ぐ効果があります。ビタミンEが対処法的に作用する一方、ビタミンB群は予防的に効果を発揮してくれるというわけです。

食物繊維

食物繊維は、コレステロールにとっての「乗り物」のような働きをしてくれます。自らの身体にコレステロールを付着させることで、そのまま一緒に身体の外へ連れていってくれるんですよ!

ただし、この働きを持っているのは、水溶性の食物繊維のみです。

食物繊維には、水に溶ける性質を持っている水溶性のものと、不溶性のものがあるので、知っておいてくださいね!

 

コレステロール値を下げるオススメの青汁は?

大正製薬『大麦若葉青汁』

こちらの青汁は、最大の効能としてズバリ!「悪玉コレステロールを下げる」ということをアピールしている、まさにコレステロール値が気になる人にピッタリの青汁です。

主な成分は「大麦若葉」で、食物繊維や、ビタミンB2、鉄分などが豊富に含まれています。さらには、抹茶の成分が配合されているため、ゴクゴクと飲みやすい味に仕上げられており、毎日、美味しく楽しく続けることが可能ですよ!

効果を出すためには、最低でも4週間は飲み続けた方が良いとのこと。もちろん、それからも継続して飲み続けることで、コレステロールをためこまない身体作りを目指すことができます。

 

まとめ

以上、こちらでは、コレステロール値が気になる!という人のために、コレステロールの解説や、コレステロール値を下げるのに有効な成分、オススメの青汁に関する情報などをお届けしてきました。

コレステロールの蓄積が引き起こす動脈硬化は、一瞬で命を落としてしまうような重大な症状を引き起こします。

脂っこいものを好んで食べてしまいがちな人は、今のうちから血中のコレステロールのことを常に意識し、コレステロール値を下げる上で高い効果の期待できる青汁を飲み始めてみてくださいね!

 

-健康
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.