トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

成分・栄養

「青汁」って子供も飲んだ方がいいの?それとも危険なの?

投稿日:

子供

青汁は健康食品なので、当然、身体にいいイメージがありますよね?それだけ身体にいいものなのであれば、小さいお子さんのいる家庭では、自分が青汁を飲み始めるついでに「この子にも青汁を飲ませてみようかな?」という発想に自然と繋がります。

でも、ちょっと待ってください…!青汁って、子供に飲ませても大丈夫なのでしょうか?青汁は、薬ではない…とはいえ、子供が飲んでしまうと危険な物質などが含まれていたりはしないのでしょうか?

結論から言うと、青汁には、子供の成長にとって欠かせない大切な栄養素がたっぷり入っているので、子供も是非、青汁を飲んだ方がいい!ということになります。…しかし、そこには条件が出てきます。

全ての青汁が子供にとって安心で安全てというわけではなく、中には子供が口にすると危ない可能性のある青汁もありますので、ここは是非、気をつけてください。

こちらでは、青汁に含まれている中で、子供にとって必要な栄養素や、逆に危険となってしまう成分、また、子供が飲んでも大丈夫な青汁、オススメの青汁についてご紹介していくことにしますので、是非、最後まで読んでいってくださいね!

 

子供の成長にとって欠かせない栄養素は?

子供の成長

青汁には以下のような、子供の成長にとって欠かせない栄養素が含まれている傾向にあります。

食物繊維

青汁に含まれる豊富な「食物繊維」は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。すると、免疫細胞が活性化し、免疫力が向上することで、風邪やアレルギーを予防することができます。また、便秘で悩んでいる子供には、スッキリとしたお通じを促すことができます。

ビタミン群

体内でビタミンAに変わるβカロテンや、ビタミンCなども、子供にとって重要な免疫細胞を活性化させるのに、必要不可欠な栄養素です。

また、大麦若葉や明日葉に含まれるビタミンB12には、神経機能の働きを正常に保つ作用があります。ビタミンB12が不足してしまうと、神経伝達に障害が出てしまったり、発達に遅れが出てしまうと言われているんです。

ミネラル類

青汁に含まれるカルシウムやマグネシウムは、子供が丈夫な骨や歯を作るためには欠かせない栄養素です。また、身長を伸ばすためにも、これらの栄養素は大切であるとされています。

 

子供にとって危険となってしまう成分は?

はちみつ

1歳未満の子にとって「はちみつ」は危険な物質であるということがわかっているので、この点にはまず充分注意しましょう。

これは、はちみつに含まれているボツリヌス菌が関係しており、1歳未満の子が口にすると「乳児ボツリヌス症」を引き起こしてしまう恐れがあるのです。

ボツリヌス菌にとって赤ちゃんの体内は最強の環境で、菌が増殖するのを食い止めることができなくなってしまうのだそうです。

ボツリヌス菌は、100℃の熱でもっても殺菌することが難しい強い菌なので、リスクを考え、乳幼児には与えないようにしましょう。

人工甘味料

人工甘味料に含まれる成分「アスパムテール」は、胎児や乳児に重大な悪影響を及ぼしてしまう可能性があると指摘されています。

アスパムテールの副作用として知られているのは、頭痛やめまい、むくみなど、軽いものから、うつ、失明、糖尿病などまで様々です。

最近では、現代病とも言われる「アレルギー」と、このアスパムテールが関係しているのではないかとの説もあります。今では多くの食品に含まれている成分なので、完全に避けることは不可能に近い人工甘味料ですが、危険であるということは日頃からできるだけ意識しておくようにしましょう。

 

子供でも飲めるオススメの青汁は?

ステラ『贅沢青汁』

安全性を考慮するなら、錠剤タイプの青汁がオススメです。なぜなら、ジュースタイプや粉末タイプの青汁は、味を調整するために、余計な添加物が加えられてしまっていることが多いからです。

錠剤タイプが苦手…という子供は多いかも知れませんが、もし、水でゴクン!飲み込むことに抵抗がないようであれば、豊富な栄養素がたっぷり詰め込まれているステラの『贅沢青汁』を是非、家族全員で試してみてください!錠剤タイプなら、水で溶く手間もいらない、というメリットがありますよ!忙しい朝などは、ドリンクタイプよりも、こちらの方が便利ですよね。

『贅沢青汁』に含まれているのは、福岡県産のクロレラ、沖縄産の長命草、そして九州産のケールなどです。1日3粒程度で、食物繊維や、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、葉緑素など、貴重な栄養素を摂取することができますよ!

サントリー『極の青汁』

超有名企業であるサントリーが開発を手がけており、累計販売数が既に2億杯を突破しているという、大人気の青汁です。お茶メーカーとして有名なサントリーの青汁だけあり、青汁なのにお茶感覚で飲めるライトさが人気の秘密となっています。

青臭くて苦みがあり「マズイ」と言われる青汁の主成分には「ケール」が使用されていたりするのですが、こちらの『極の青汁』に使われている野菜は、「大麦若葉」や「明日葉」など。青汁に登場することが多い野菜の中では、比較的、スッキリとした味で、飲みやすいことが特徴となっています。これなら子供でも、大人と一緒にお茶感覚で手頃に飲むことができるはず。

また、それでもどうしても、この味が苦手…ということであれば、市販のミルクやヨーグルトに溶かして飲むという方法があります。飲みやすさが大事だから!という理由で、最初から甘い青汁に手を出してしまうと、甘味料のリスクがありますので、自然の素材が生きている味のものを選んでおいて、調理方法を工夫する!という選択肢を是非、選んでみてください。

 

まとめ

以上、こちらでは青汁に含まれている成分で、子供に良いもの、悪いもの、また子供が飲んでも大丈夫なオススメの青汁に関する情報についてお伝えしてきました。

せっかく家族で暮らしているなら、大人も子供も、みんなで同じ青汁を飲めたら、会話も増え、健康にもなれて、何重にもハッピーですよね!それに青汁は、まとめて定期便で注文すると、どんどんお得になるというケースがほとんど!1人で飲むよりも、2人…、2人で飲むよりも、みんなで…と、ワイワイ飲んだ方が俄然有利ですので、是非、そういった観点からも、家族で青汁生活を始めるということを検討してみてください!

 

-成分・栄養
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.