トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

人気ランキング・比較・おすすめ

「子供」におすすめの青汁ランキング

投稿日:

「子供」におすすめの青汁ランキング

青汁って、健康寿命などを意識しはじめた中高年の人が飲んでいるもの…というイメージが強いですが、健康に良いものなら、自分の子供にだって飲ませたいと思いますよね?特に、育ちざかりでありながら、野菜が嫌い…というような子供には、積極的に青汁を飲ませてあげるべきでしょう。というわけで、こちらの記事では「子供」におすすめの青汁をランキング形式でご紹介していきます!

 

1位:こどもバナナ青汁(エメトレ)

こどもバナナ青汁(エメトレ)

子供に飲ませたい青汁…ということで調べてみれば、まず真っ先にたどりつくのが、こちらの青汁でしょう。

子供でも飲める青汁…ということではなく、こちらの青汁は、まさに子供のために開発されている青汁なんです。

商品名にも「こども」とついていますし、パッケージも可愛らしい雰囲気に仕上げられています。

ポイント1 バナナと黒糖の自然な甘みが嬉しい青汁

子供は、とにかく苦さや渋さがダメ!ですよね。野菜の味がガツンと前に出てしまっている青汁だと、ほとんどの子供がNGを出してしまうことでしょう。

その点、こちらの青汁には、子供が大好きなバナナの成分と黒糖がプラスされているため、ほんのりとした自然な甘みがあって、小さなお子さんでも、ゴクゴク飲めてしまう!というわけなんです。

ポイント2 主成分となっているのは国産の大麦若葉

大麦若葉は、大人が飲む青汁でも、主成分として用いられることの多い、栄養価の豊富な人気の野菜です。『こどもバナナ青汁』には、宮崎県産の大麦若葉が使用されているんですよ!

大麦若葉といえば、お茶のようでスッキリとした味わいが特徴で、クセがほとんどありません。その上、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富なので、子供に飲んでもらうには、本当にオススメですよ!

ポイント3 19種類もの野菜とフルーツが配合されている

大麦若葉以外にも、『こどもバナナ青汁』には、19種類の野菜と果物の成分が配合されています。

さらには、世界保健機関であるWHOからも、理想的な栄養補助食品として認められている「スピルリナ」が配合されているといいますから、子供向け…と言いながらも、実は、かなり本格的な青汁であるということがおわかりいただけるのではないでしょうか。



2位:黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(コーワ)

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(コーワ)

青汁…というよりも、羊羹のような和スイーツ感の強い、こちらの『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』をご紹介します。

青汁を飲む=苦くて渋くてまずい汁を飲み干す…というイメージを持っている人は、こちらの青汁を知れば、世界が変わることでしょう。おやつ感覚で、親子で楽しめる青汁です。

ポイント1 寒天ジュレタイプなので、手間なく簡単に食べられる

こちらの青汁の魅力は、なんといっても、その形状です。買ってくる時はスティック状なのですが、これを冷蔵庫で冷やしておけば、夏場なんかは、ピッと封を開けるだけですぐに、羊羹やゼリーのように青汁をちゅるっと摂取できてしまうんですよ!

ただし、小さな子がスティックからそのまま寒天を吸い上げるのはちょっと危険なので、できれば、お皿に移すなどして、カットして与えてあげると、事故を未然に防ぐことができるでしょう。

ポイント2 とにかく美味しくて、ついついもう1本食べたくなる

手軽にちゅるんと食べられるということも魅力ですが、注目すべきはその味です!黒糖抹茶と名付けられているだけあって、こちらの青汁は、和菓子のような風味が特徴的なんです。

青汁を摂取しているのに、和スイーツを食べているような気分が味わえるって、最高だと思いませんか?小腹が空いたような感覚をしっかり満たすことができるので、ダイエットにも最適です!

ポイント3 イソマルトオリゴ糖配合で、便秘解消に効く!

最近では、小さな子でも便秘がち…というケースが非常に増えてきているんですよね。この『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』には、「イソマルトオリゴ糖」の成分が含まれているので、腸内環境を整え、善玉菌の活性化を促すには最適です。

親子で便秘を解消したい!という人は、是非、この青汁に注目してみてください。



3位:極の青汁(サントリー)

極の青汁(サントリー)

大手企業である『サントリー』が開発している、信頼度、知名度、ともに抜群の青汁をご紹介しましょう。

青汁といえば、栄養も気になるところですが、やはりその「味」に関して、不安要素が大きいですよね。

ただ、お茶で有名なサントリーが手がけている青汁なのだから、大丈夫!という絶対的な安心感があるのは、やっぱり大きいです。

ポイント1 お茶のようなスッキリとした味わいで飲みやすい

小さな子供に与えるのに、変に甘ったるい青汁を飲ませるのは心配ですよね?そこに含まれているであろう甘味料だって気になってしまいますし、甘いもの好きに拍車をかけることになってしまったら大変です。

その点、こちらの青汁は、野菜の汁…というよりも、むしろお茶のような味わいでスッキリしているので、子供に飲ませる上では、安心感の強い商品となっていますよ!

ポイント2 大麦若葉と明日葉の成分がダブルで配合されている

青汁に入っていて欲しい素材といえば「大麦若葉」「明日葉」「ケール」の3大野菜がメジャーです!ただ、子供に飲ませるとなると、「ケール」の成分は省いて欲しいところかもしれません。

なぜなら、ケールは味にクセがあり、子供が飲むとなると、味覚的に継続をして飲むことが厳しいかもしれないからです。

その点、こちらの『極の青汁』には、大麦若葉と明日葉の成分が配合されているので、味的にも栄養素的にも、バランスが取れているというわけです!

ポイント3 継続して購入するとお得になるからリピートしやすい

子供に青汁を飲ませている家庭で、子供にだけ青汁を飲ませている…というケースは少ないのではないでしょうか?子供に飲ませるからには、親だって、祖父母だって、家族みんなで青汁を飲みたいという家庭が多いことでしょう。

その点、サントリーの青汁なら、まとめて継続で購入すれば、経済的にお得になるプランが用意されていますので、リピートをする人が非常に多いんですよ!

 

4位:フレッシュフルーツ青汁(アイエヌケイ)

フレッシュフルーツ青汁(アイエヌケイ)

子供に飲ませるための青汁を探す…というよりも、出産後の体型がなかなか元に戻らない!とお悩みのお母さんが、ダイエットをするために飲む青汁を、メインで探すというのだって1つの手ですよね!

そのためにたどりついた青汁が、子供でも飲めるような青汁だったら、一緒に飲むというやり方も、モチベーションをアップさせる上では非常にオススメできます。

ポイント1 ダイエットアドバイザーが監修している青汁

こちらの青汁は、とにかく女性のダイエットに的を絞って開発されている、専門的な青汁です。なにしろ、プロのダイエットアドバイザーがきちんと監修を行っているんですよ!

ダイエットアドバイザーとは、日本肥満協会に所属していて、栄養学や、スポーツ学、人体構造学などに関して、専門的な知識を有している人です。

ポイント2 フレッシュなフルーツの風味が感じられて美味しい

ダイエットを目指す若い女性は、皆、ワガママですから、どんなに効き目があったとしても、まずい商品は絶対に売れません!

というわけで、こちらの『フレッシュフルーツ青汁』も、青汁と言いながら、その味は、まるでフレッシュフルーツジュースのように仕上げられています。

若い女性がゴクゴクと飲めるような商品なので、小さいお子さんでも、飲みたがる味であることは間違いないでしょう。

ポイント3 大麦若葉とクマザサの成分が健康をサポート

『フレッシュフルーツ青汁』の主成分となっているのは、大麦若葉と、明日葉と、クマザサの3つです。

いずれも、青汁界ではよく耳にすることの多い、栄養価の高い野菜ばかりですよ!ただ、原材料の項目をチェックしてみると、こちらの青汁には、味を調整するための人工甘味料なども配合されていますので、その点は、事前によく調べ、納得できる範囲のものかどうか、チェックをするようにしてくださいね。

 

5位:健康道場 おいしい青汁(サンスター)

健康道場 おいしい青汁(サンスター)

サンスターが開発している青汁は、とにかく栄養価の高さが魅力なんですよ!同じサンスターの中で、より本格的なラインの青汁も開発されていますが、子供に与えるということであれば、こちらの『おいしい青汁』の方がオススメです。

おいしさの理由は、フルーツの成分が配合されているからであって、添加物等は一切配合されていないんですよ!

ポイント1 りんごとレモンが配合されているから飲みやすい!

『健康道場 おいしい青汁』は、非常に栄養価の高い商品でありながら、野菜嫌いな人や、小さなお子さんでも、ゴクゴクと飲める、人気の青汁となっています。

その理由は、りんごとレモンの成分が、絶妙な比率で配合されているから!これにより、フレッシュフルーツジュースのような味わいが実現されているんですよ!

青汁でありながら、青汁のようでない、親しみやすい青汁に仕上がっているというわけなんです。

ポイント2 野菜の成分が9種類も配合されているからすごい!

『健康道場 おいしい青汁』には、緑色で栄養価の高い野菜の成分が、9種類も配合されているんですよ!

野菜の王様と言われる「ケール」をはじめとし、ブロッコリー、ほうれん草、キャベツ、レタス、セロリ、小松菜、大根葉、パセリ、と日常生活でもよく耳にする、メジャーな野菜がズラリと並んでいます。

これらの野菜を、すべて買ってきて食べよう…と思ったら、大変ですよね!?

ポイント3 買ってきてすぐに飲める手軽さも魅力!

子供さんに飲ませたい…ということは、お母さんお父さんは忙しくて、なかなか手が空かない…ということもあるでしょう。

青汁というと、粉末タイプのものが主流ですが、粉末タイプって、水に溶かす手間が発生したり、コップを洗う手間が発生したり…と、なんだかんだで煩わしかったりするんです。

その点、こちらの青汁なら、ドリンクとして完成しているので、買ってきたらプシュッと開けて飲むだけ!その手軽さも魅力となっています。



 

-人気ランキング・比較・おすすめ
-,

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.