トモとシホの夫婦で青汁生活

野菜嫌いな夫と、ダイエットしたい嫁が二人揃って青汁を始めました。 実際に20種類以上購入して飲んだ正直な感想を、ズバッと伝えます。

成分・栄養

青汁に含まれている「カフェイン」が気になる!という人へ

更新日:

カフェイン

カフェインって、何に含まれている成分…というイメージが強いでしょうか?メジャーなところでは、やっぱり「コーヒー」ですよね。また、緑茶や紅茶に含まれているということも、比較的有名な話です。

ところで「青汁」というものは、主成分が青野菜である…というイメージが強いですし、コーヒーのような嗜好品ではなく「健康のために飲むもの」というイメージも強いですから、「カフェインが入っている」と思っている人って、案外少ないのではないでしょうか?

実は青汁にもカフェインが含まれています!その理由は、青汁の味をすっきりさせるために配合されている「お茶」の成分にカフェインが含まれていたりするからです。

健康な大人であれば、多少カフェインが入っていたところで、特にどう…ということはないのですが、妊婦さんや小さい子どもが飲む場合には、カフェインの含有量には気をつけなければいけません。

もちろん、大量に摂取しない限り、100%害があるというわけではありませんが…、できることなら、青汁を選ぶ場合も「ノンカフェイン」のものにしておいた方が安心でしょう。

こちらでは「カフェイン」という成分の特徴や、人体へ及ぼす影響などの情報をお伝えしていくほか、カフェインが含まれていない、オススメの青汁についてご紹介していくことにします。

 

「カフェイン」ってどんな成分?

「カフェイン」ってどんな成分?

カフェインは、一般的なコーヒーや、紅茶、緑茶、ココア、などに含まれている成分です。コーラ系の飲料や、栄養ドリンクなどにも含まれていることがあります。

カフェインが人体に及ぼす、代表的な作用は「覚醒作用」と「利尿作用」の2つです。

そのほかにも「集中力をアップさせる」「頭痛を緩和させる」「脂肪の分解を促す」などの効果があると言われています。

なんとなく「危険な成分」というイメージの強いカフェインですが、摂取し過ぎなければ、そこまで有害ということはなく、バランスよく体内に取り入れている分には、むしろ有効に作用する場合だってあるのです。

眠くて頭がボンヤリしてしまっている時など、目覚めのコーヒーを一杯飲むとスッキリし、勉強や仕事がはかどったりしますし、ほどよく心臓を刺激するので、持久力を鍛えることもできる…なんて言われていたりするようですね。

 

ただ、危険なイメージのある成分だけあり、もちろんデメリットもあります。

成人の場合、1日に300mg程度の摂取であれば、特に害はないとされているようですが、これを超えて体内に取り入れてしまうと、神経過敏、睡眠障害、顔面紅潮、胃痛、嘔吐…、などの症状を引き起こす場合があります。

また、一度に大量摂取してしまうと、急性中毒にかかってしまう場合もある…という、恐ろしい一面も持っている成分なのです。

 

妊娠中にカフェインを摂取するのは危険!

カフェインが人体に及ぼす危険な作用として「尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまう」というものがあります。また「鉄分を吸収するのを妨げる」という特徴も持っており、これが妊娠中の人にとっては大ダメージとなってしまうのです。

妊娠中にカルシウムや鉄分の摂取が必要不可欠なのは言うまでもないでしょう。また、赤ちゃんは代謝機能が非常に未熟なため、カフェインを摂取し過ぎてしまうと、それをうまく身体から排泄することができず、結果として体内に蓄積されていってしまうのだそうです。

少量であれば問題ないとされているようですが、こういった話を耳にしてしまうと、やはり少しでもカフェインが含まれているような商品には手を出さないでおこう…と思うのが親心というものですよね?

 

カフェインが含まれていないオススメの青汁は?

それでは、具体的にカフェインが含まれていない、いわゆる「ノンカフェイン」の青汁をご紹介していくことにしましょう。

その1 サンスター『粉末青汁』

オーラルケア商品でおなじみの有名企業『サンスター』が手掛けている、粉末タイプの青汁です。国産のブロッコリーの他、青汁には欠かせない「ケール」「大麦若葉」「明日葉」や「モロヘイヤ」などの栄養素がたっぷり含まれている、非常に豪華な青汁となっています。

添加物が一切使用されていない、野菜粉末100%の青汁なので、健康に対する意識が高い人はもちろん、妊婦さんや、小さなお子さん、お年寄りの方でも、安心して飲むことができます。

味に関しては、正直あまり良い評判は見かけませんでした…。ただ、美味しい青汁には、それなりのカラクリがある…ということを考えると、この青汁の味は、野菜の成分だけを100%口にしている!という安心・安全の証拠であるとも言えるでしょう。

妊娠中の人は、出産や授乳が終わり、落ち着いた時にまた改めて、自分に合う味の青汁を探せば良い…ということで。それまではひとまず、健康のことを最優先し、この『粉末青汁』を続けてみてはいかがでしょうか?

その2 マイケア『ふるさと青汁』

こちらの青汁に含まれている主成分は、八丈島産の「明日葉」です。温暖な地域に生息し、生命力が非常に強いと言われている明日葉には、独特の注目成分「カルコン」が含まれています。このカルコンは、健康を維持するために良いだけでなく、美容やアンチエイジングにも高い効果が期待できる成分なんですよ!

明日葉は、あの野菜の王様と言われる「ケール」と比較しても、食物繊維やカリウムなどの含有量において勝っているという、非常に優秀な野菜ですので、是非注目してみてくださいね。

さらには、大麦若葉や、桑の葉などの成分も配合されています。いずれも、厳選された国産の素材ですよ!大麦若葉や桑の葉は、栄養価が高いだけでなく、青汁を飲みやすい味にする上でも一役買っている、優れた野菜なんです。

 

まとめ

以上、こちらでは、カフェインの特徴や、人体に及ぼす影響などについてお伝えしてきました。

カフェインは人間にとって、決して「悪者」というわけではなく、使いどころとタイミングを心得れば、非常に便利な成分であると言えます。

ただし、妊娠中の人や、小さなお子さんにとっては、やはり「有害な物質」になってしまう可能性が高いので、そういった場合は、できるだけノンカフェインの青汁を選ぶようにしましょう。

 

-成分・栄養
-

Copyright© トモとシホの夫婦で青汁生活 , 2021 AllRights Reserved.